機械話:鏡筐体PC

まいど
ええと、何ヶ月振りだろう…
5ヶ月振りくらいかな?(ノ∀`)アチャー
後期の授業が始まってからめちゃくちゃ忙しくて、ついついさぼり続けてしまった…
現役の学生よりも授業数が多くて休む暇がないってのは、どうしたもんだったのかなぁ'`,、(´∀`) '`,、

一応一通りの授業とテストは片付いて、明日のTOEICと来週のあと一つを残すばかりになって
ようやくのんびりしてきたから、久々に何か書いてみようかと
…ネタはストックしてあるし…

というわけで、まずは2週間前に発表のあったWILLCOMの新プランや新機種の話から
今回発表のあった、それで昨日から始まった新ウィルコム定額プランだけども
やっと実現したなぁ、ってもんだ
以前にここで『オート定額』と題して書いたことがあるけど
パケット定額制を元から内包した基本料プランってのは、分かりやすさの為に重要なんだよね

いわゆる携帯を使っている人にはおかしな料金感覚を持っている人がいて
ウィルコムの新つなぎ放題は3880円でデータ通信が完全定額、と言っても
『で、そのほかに基本料がいくらかかるの?』とか
『他社だと1050円からパケット定額制があるよ』とか
まぁ、はっきり言って情報を把握できない様子も見て取れるわけで

そうなると、携帯の流儀に則って基本料プランにはパケット定額制が入ってなくて
でも、申し込まなくてもパケット定額オプションが0円スタートで付いてくる
って方がそういう人達にとっては分かりやすいだろうかなぁ、と

この新プランの発表以後、他のプランとの料金を使用パケット数で分析する人がいるようだけど
このプランに関しては、『○○パケットくらい使うならお得!』とかって見方は不要だと思うんだよね
そもそもそういう見積もりが出来ない人達が、パッと見で安そうに見えて安心する
って事を狙いとしているプランだから、パケット数を把握できないけど使ってみたい、っていう
ウィルコムを全く知らないけど使おうとしている新規契約者向けなわけだしね

これで蜂2やWX340K・BAUMあたりと合わせて、春商戦で新規ユーザーが増えればいいんだけどね…
…ああ、そうそう
蜂のぬいぐるみやBAUM犬のぬいぐるみや
またはこの2つの絵柄の巾着袋を新規購入特典として付けたら
すごく売れると思うかも(^-^)b"

手数料の割引なんかよりもよっぽど効果があると思うから
是非やって欲しいところだ

さてと、そろそろ本題へ移ろう
今回は、今年やけに売れまくっているULCPCにちなんだ話を書いてみようかな

先日某家電量販店のネットブックコーナーを見ていたら、NECの新製品が置いてあった
…とは言え、まぁいわゆるULCPCであるから、基本的に性能は大差ないわけで
でもカラフルな筐体色が並んでいて、『このジャンルはカラバリ商売に向くなぁ』と思ったんだよね

そこで考えたんだけど、ノートPCの筐体天板を鏡にしてしまうってのは
この手の商品の付加価値として面白いんじゃないかな?
…PCの機能・性能に全く関係ないのは百も承知で
『鏡面仕上げ』なんて中途半端なものじゃなくて、まさに鏡にしてしまうわけ

ふと家の中を見渡してみると、ノートPCくらいの大きさの鏡ってあんまりないんだよね
あるとすれば化粧品入れのふた裏に張り付いているものくらい
…でも、って事は?
外で化粧を直したいと思う人にとっては、適度な大きさの鏡が手元に置けるってわけで
意外な接点としてこのPCを選ぶ理由になったりするんじゃないかな?

大学生以上で学業や仕事上PCを持ち歩く必要がある人には
こういった『微妙に役に立つ可能性がある』アイテムって、結構気になったりすると思うんだよね

…ええと、今からだったら新入学・新就職のタイミングに微妙に間に合わないかな(笑)
ちょっとPCそのものとは違った方向からの切り口として、どこかに作って欲しいなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2009-02-06 16:27 | 機械話


<< 機械話:MVNOドラえもん 機械話:USBメモリでシステム... >>