WILLCOM話:地味だけどやってほしいサービス

まいど
2000年冬に一斉に出された、feelH"端末群
今思い返しても、革新的すぎるものばかりだったなぁと思う
中でも個人的に思い入れが深いのが、Panasonicのル・モテ

5年も前のモデルでありながら、SDカードスロットを積み
添付ファイルが単体で1MB弱扱えてしまうという超仕様
ボイスレコーダーも搭載していたり、カラオケも高音質だったり
メールが3秒で送れたり、10000文字受け取れたり…
ここにフルブラウザさえ追加されれば、現在でも第一線級の実力

そんなこと思い出して、ふと思いついたこと
現行モデルは、W-ZERO3以外、添付制限350kBなので
これを拡大してほしいなぁ、って

端末から巨大なファイルを送受信できるってことは
扱うデータが多彩になった今となっては、重要なことだと思う
現在のメールBOXは1MBらしいけど、これも3-5MB程度には増やして
添付ファイルもBOX限界までOKってしてほしいなぁ

有料でオンラインストレージサービスをやってくれてもありがたいなぁ
ネットワーク業者ならではの新サービス
こう言うところが希望ではあるのだけれど
どうかなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-06-24 04:45 | WILLCOM話


<< 機械話:話題を与える装置 機械話:ワンセグ搭載デジカメ >>