WILLCOM話:超長時間電話機

まいど
W-SIMを利用した電話機で、どこまでいけるか
実に極端なことを思いついたので、それを

現在、W-ZERO3を利用しているため
いざという時のために外付けでバッテリーを持ち歩いている
130gで、5V出力2800mAhというなかなかの大容量
今は、本体のバッテリーが切れると、これで充電しているというわけ

でも

バッテリーに直接W-SIMを挿して、受取専用電話機にできたら
一体どんなもんだろうかなぁ?

昔、3.7V480mAh程度のバッテリーで
待ち受け700時間・通話7時間レベルの端末はあった
単純比較で8倍程度の容量はあるし
画面もボタンもほとんどないとなれば、もっと余裕ありそう
待ち受け6000時間・通話60時間とかいけるかな…?

結局何が言いたいかというと、予備電源を持つ人も多い昨今
それ自体に電話機能があっても面白いかも、ってこと
つうか、待ち受け250日もあれば、災害時とかに威力を…?

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-06-30 03:59 | WILLCOM話


<< WILLCOM話:今電話に出ら... WILLCOM話:やっぱりスカ... >>