WILLCOM話:逆説的広告元年?

まいど
esはTVCMを始め、様々な媒体に広告展開しているようで
「働け。」をいろいろな所で目にすることになりそうって話らしいけど
一連の広告の中で、面白いなぁと思った一節が
「ワンセグでテレビも見られる。でも見るな。さぁ、働け。」

拡張性の高さをアピールする、格好の材料であるワンセグ
なのに、見るなと言い切ってしまう逆説台詞
逆説的広告はうまくやらないと諸刃の剣だけれど
DDIPocket時代からの客層なども踏まえると
esにとっては一番いい広告なんだろうなぁ、と感じている

というのも

esを含め、ZERO3シリーズは自助努力で使う端末で
最初からパッケージで囲い込まれている携帯電話とは
作法がまるで違うわけで

それを、「何でもできるよ、すごいよ」と宣伝すれば
「何にもできないぞ、金返せ!」になる可能性大
でも、「働け。」は、自力で動くこと前提なわけで

人に聞く割には理解力も何もない、クレーマー層を
最初から除外する効果があるんじゃないかなぁ
と勝手に思っているところ

「高いから買うな」で有名になった某まいたけもそうだけど
広告に惑わされず、吟味して買っていく層が
web上で小規模ながら確実な意見を言うようになった昨今
逆説広告ってのは、効果を発揮し始めている気がする

まぁねぇ、「携帯料金が安いですお得です」のCM見てると
「はいはい、オトクオトク」としか思わなくなってるしね(笑)

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-07-29 08:58 | WILLCOM話


<< WILLCOM話:ブランドを借... WILLCOM話:008は防水... >>