WILLCOM話:そろそろDataScopeの出番だったりする?

まいど
今年はesを始めとして、ZERO3を追いかける形で
様々なスマートフォン、と呼びたがる端末が出そろう感じ
昔、Genioやらピノキオやらが出た時は広まらなかったけど
今年はうまく広がるのかな…?

9年ほど前に京セラから、DataScopeという機種が
世にも珍しいことに、まずはPHSとして
続いてDOCOMOの携帯電話として登場した
単体でniftyにつないでメールを使ったりできる
今で言うフルブラウザ機のご先祖さまなわけだ

単体での性能の高さもさることながら
PCカードとしてパソコンにつなぐこともできて
ある意味何でもありだった

WILLCOMはスマートフォン、みたいな流れが
徐々に現れてきている近頃、DataScopeの復活には
もってこいの時流なんじゃないかと思う

確かにZERO3は人気端末になっているっぽいけど
携帯電話としてのバリエーションの幅はいまいち

フルキーボードタイプ:現行の003/004の路線を踏襲・強化
10キータイプ:一般的な携帯電話に形を近づける
フル+10キータイプ:esの路線を踏襲・強化
キーなしタイプ:PDAのような外見にする

といった各方面にラインナップを広げてみて
通常端末で幅広さをアピールできない分
特殊端末でアピールを広げてみるのも、個性的で面白いかも

ZERO3に合わせ、WindowsMobile for PPCで通せば
機種が違っても、基本的なアプリは共有化でき
ユーザーも気楽に使い分けられそうで、好印象
…かな?

1万台ラインで採算を取れる、ってな話もあるし
新機種発売と共に、旧機種ver.UPの可能性も出るわけだから
楽しそうなんだけどなぁ


DSを今に復活させるなら、こういうことをやってほしいな

それは、「ホストとしてのUSBポート」と「ゲストとしてのUSBコネクタ」の
両方を搭載して、相互接続ができる仕様を用意すること
でもって、USBモードに「ホスト」「ゲスト」「ダブルスピード」と
3つのモードを用意して欲しい

この、ダブルスピードというのは
端末AのコネクタをBのポートに挿した状態で双方が通信し
例えばAで4x通信を、Bでも4x通信をして
二台合計で8x相当を実現してしまうモード

ここでもし、Bのコネクタを更にCのポートに挿してしまえば
三台合計で12x相当になり
Dに挿すまですれば、四台合計で16xと
連結高速化をするというもの

一言で言えば、「パータッチ」

複数SIMの連携は技術的に既に実現済みのようだから
結構面白いと思うなぁ

んで、端末は、パーマンカラーで4機種出すと(笑)

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-08-13 23:43 | WILLCOM話


<< 無駄話:予想GUYは予想外だった WILLCOM話:次世代PHS... >>