WILLCOM話:夢の京ぽん3

まいど
一昨日、13日の日曜日に見た夢なのだけれど
京ぽん3が発売され、実際にそれを手にとっていじっている
という夢だった

京ぽん3はセキュリティ端末になったということで
どんな風になっているかと楽しみに見てみると
筐体は青い色で一見キッズ物のように見えた

しかし、これまでの物と大きく違うのは
筐体底部(普通、他社では充電端子のあるところ)に
扉に付くような、大きな鍵穴があるという点

そこに別添えの鍵を差し込んでくるりと回すと
ロックが解除され、機能が使えるというものだった

この鍵のすごい所は、扉の鍵のような物理キーであり
更に、USBメモリのような論理キーでもある点
鍵の表面には端子としての金属配線部も見え
ユーザー認識及び、データの照合もしているようだった

面白いのは、鍵の持ち手部分がコントローラーになっていて
鍵を挿さないと本体は操作出来ないのに
鍵の方からは、挿さなくても軽い操作はできるという仕様
操作部と閲覧部の分離という、面白い試みだった

まぁ、夢だったんだけどね(笑)

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-08-14 22:11 | WILLCOM話


<< WILLCOM話:反MNP 無駄話:予想GUYは予想外だった >>