無駄話:電車睡眠用かばん枕

まいど
昨日遠距離を通っている高校生と話していたら
朝は電車が早くて、寝ていくことが多いけど
電車では寝にくいのが難点、なんて話になった

そこで、今回は
かばんに電車で寝やすい機能を付けたもの
を考えてみようかな

まず、こういうかばんは、前に抱きかかえられる体勢だと
座った時に持ちやすいだろう
また、平べったいと、縦置きでは抱えても安定しないし
ひざ載せ時には、頭を休める高さが得られない
そこで、形状は円筒形にするのが適当かと思う

形式としては、手提げかばんと言うよりは、リュックかな
円筒形にしても中身でごつごつするといけないので
直径30~35cm程度としても
内部はウレタンなどで22~25cm四方の正方形に仕切り
周辺部の余りスペースは、クッション的なスペースにするといいかも

抱えた時にお腹側がごつつかないように
肩に背負う時の肩ベルトは、やや側面開き気味がよいかな
角度的には、4時と8時の方向くらいで

そして、次が一番の肝
寝る時に、両手をしっかり固定して、枕自体の動きも抑え
るために
12時の方向には両手首を通すためのリストバンド風ストッパーを付ける
寝る時は、自分のお腹を6時側として、丸くかばんを抱き
4,8時方向で肩ベルトに腕を通したうえで
12時方向の手首固定でがっちり抱き留め状態にすると

後は、上部にやはりウレタンなどの柔らか素材で蓋をして
その上に頭を載せて寝るわけだ

感覚的には、幼児が親にだっこしたまま
その肩に頭を載せて寝るようなもんかな

こんな、安眠保証のかばん枕
通勤・通学のお供にいかがだろうか?

…うーん、一応針仕事をする者としては
一度自分で試作しないと駄目かな…

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-08-19 04:21 | 無駄話


<< 機械話:iVDRはどこへ行った... WILLCOM:水中専用W-SIM機 >>