WILLCOM話:オンラインメールボックス

まいど
MNPの開始を控えて、最近何社かからオンラインメールサービスが
次々に発表されているなぁ、という印象を受ける

どのサービスも基本的には
1.好きな文字列でアカウントをとる
2.キャリアアドレスの代わりにそのアカウントを周知する
3.キャリア非依存のサイトにアクセス
4.アカウントでメールの読み出し
という内容らしい

まぁ、結局のところ、現在のキャリアでのアドレスは引き継げず
『アドレス変更をする機会があれば今のうちに自由アドレス取ってみてよ』
なサービスに過ぎない、のかも知れない

…けれど、これを、MNP対象外のWILLCOMがやったらどうなるだろう?
以前、メールボックスの強化やオンラインストレージの話を
書いてみたことがあるけど、あれは内部向けサービス
これは、外部向けサービスとしてどうだろう?

まず、メール無料などの知名度向上に絶大な効果があると思う

結構、WILLCOMのメール定額はWILLCOM同士のみ
という誤解をしている人がいるという話を見聞きする
でも、これにより、『他社から利用しても定額』を実現
知名度upと広告としての意味が重要になると思う

また、このサービスの利用者に対しては
簡単にWILLCOMの契約に移行できる仕組みも併せると
効果が大きくなるかな

具体的には
1.メールボックス利用者はWILLCOM回線契約手続き料金を割引
2.本契約をした場合メールボックスのアカウントをアドレスとして利用可能
3.メールボックスは、言わばセンター取り置きと同じ扱いに代わる
4.他社からではwebサービス扱いだが本契約ではメールパケット扱いに
5.逆に本契約を解除してもメールアカウントはメールボックスとして残る
って感じ

他社を利用している場合はweb上でパケット通信量がかかるけど
まぁ、これはどこのサービスを利用しても同じだからデメリットにはならない
でも、そこから本契約に移行してしまえばメール無料にできる
となれば、定額プラン予備軍を引き込むいい前振りになりそう

実際、WILLCOMを使ってみたいけど他社の年契約が切れない
とかいう理由でタイミングを待っている人って、いるみたいだし
おためし期間的意味合いも兼ねて、いい宣伝材料になりそうかも?

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-08-26 19:23 | WILLCOM話


<< ゲーム話:耳を鍛えるDS音感ト... ゲーム話:メールバトラー >>