機械話:顔文字メーカー

まいど
今回は、タイトルを打つ時に少しどっきり
『かおもじ』と打つと、感じではなく顔文字が出るようにしてあるから
漢字が出なくって、しまった!
なんて思ってしまった(笑)

昔、アルファベットを打つと漢字が出るようにした
中国語風辞書を作ったりとか
アルファベットを打つとキリル文字が出るようにした
ロシア語風辞書とか
いろいろ作ったもんだ(-_-)

まぁ、それはそれとして
普通に携帯を使っている人とメールをしてると
下駄付きが多く送られてきて、内容のわからない頻度が
どうしても高くなってしまう

と思いきや、昨日は思いがけず
きちっと顔文字(しかも某掲示板式の作法)をメールを受け取り
何だか新鮮な感じを受けた

そうだよねぇ
自分たちで見出した顔文字っていいよね
うふふ…

というわけで、顔文字を開発する支援になるものが何かないか
ちょろっと考えてみた
題して、顔文字メーカー

まあ、簡単に言うと、ランダム文字列生成プログラムなんだけどね

まずは、生成する文字数を設定
3文字(標準)・文字数指定・ランダム
次に、生成ボタンを押すと
顔文字に使うように指定された文字群からランダムに選び
記号の羅列を作ってくれる
(文字群は、指定変更可能)

作られた文字列の下には機能キーがあり
『辞書に登録』『読み方を指定して辞書に登録』
『文字列生成』の各キーがある
辞書とは、IMEの辞書のことで
設定により、MS-IMEなりATOKなりの学習辞書に登録する

もっとも、変な文字列を生成して変な気分になるのが多いと思うけど
偶然に面白い顔文字ができてしまって
ヾ(*´∀`)人(´∀`*)ノ キュッキョッ
となるのも一興かと

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-09-03 23:05 | 機械話


<< 機械話:文字列を辞書に登録 無駄話:これから来るのは紳士ブーム >>