WILLCOM話:W-ZERO3原寸大消しごむ

まいど
今さっき電車に乗ったところ、某携帯電話キャリアの広告が
10/1に会社が変わるよという広告が、一面に貼ってあった
…けど、白黒だから、一瞬何の広告か判断が遅れたよ

会社のイメージカラーというものがあるだろうに
赤い会社が黄色い会社になるのに、広告が白黒とは何事やら
それも、esのような真っ黒と真っ白のコントラストが鮮明なものでなく
中途半端に薄いしね

白黒つけようぜ!くらい言わなきゃ駄目じゃん
…ま、どうでもいーけど

さて本題

W-ZERO3やesを使っているとよく言われるのが
『でかいよね』
うーん、DSLiteと同サイズだから、003でも決して巨大ではないんだけど…
『持ってみると、結構気にならないよ』
とは言っても、なかなか実感してもらえないらしい

そこで、WILLCOMは販促ツールとして消しごむタイプのモックを
作ってみたらいいんじゃないかと思う
モックといえば、プラスチック製の精巧なモデルが普通だけれど
ここに敢えて、消しごむで気楽に持ち運べるタイプのモックを作ると

きっと、WILLCOM信者たちは喜んでもう一台(?)持ち運んで
ZERO3をアピールしてくれると思うよ

図書館などで勉強していると、ZERO3で調べものをしている人が一人
ノートにメモをしながら、おもむろにもう一つのZERO3(消しごむ)を取り出す
それでノートをごしごし…

か、かっこいい!!( ゚∀゚)ろ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-09-06 16:35 | WILLCOM話


<< WILLCOM話:台本配信サービス 無駄話:透明な付箋紙 >>