WILLCOM話:台本配信サービス

まいど
昨日は無敵看板娘のサントラとたらこキューピーのCDを無事入手!
どちらも探してみたところ、最後の一枚でぎりぎりセーフ

あやうしあやうし、いまだてんめいわれにあり…

まぁ、家でのんびり座って聴くってこともあんまりないから
車ででもちょっとずつ聴いていくことにしよう

んで、今回は、モバイル端末でのARPUを引き上げる鍵となる配信サービス
これについて考えてみた

割と、音楽配信がデータ系サービスの強力な商材と言われるけど
そんなに威力があるものかと思ったりもする
iPodが強いのは、やっぱりパソコンを通じた管理力にあるだろうし
第一、パケット代におびえながらiTunesとかよりも割高な音楽を
しかも48kbps程度で買うってのは、うーん

それに、これからここを追いかけても、auのブランド力には勝てないだろうしね
やるなら、ビットレートを上げつつ価格を下げて速度も上げて、と
結局は数字勝負になるから、苦労の割には儲けは薄そうな感じがする

他の媒体ではやっていないもの
ドラマの台本を配信/販売するってのはどうだろう?
結構文字数も多くレイアウト的な問題もあるから
画面の大きなZERO3シリーズを擁するWILLCOMに持って来いだと思う

pdfやらpptやら、その手のものを見るのに必要なファイルタイプも
問題なく対応しているから、まさにうってつけじゃないかなぁ

流れとしてはこう
ある日のドラマが放映されると、日付が変わった時点から配信開始
ドラマ自体を見た人は、内容をもう一度味わうために見れば良いし
見逃した人は、自習への予習として見ることもできる

これを、ドラマ1話ごとに単体で購入もできるし
一つのシリーズをまとめて定期購読も可能
また、TV局ごとに定額で読み放題なんてのも
WILLCOMらしくっていいかもね

基本的に台本なんてものは、これまで商品にならなかった物
ある意味、廃物利用の邪道な品物かもしれない
でもその一方で、ドラマ作品への興味関心を喚起する
面白い題材でもあるなぁ、と思っている

つうか、ワンセグの活路もこの辺にあるんじゃないかと思うけど…
はてさて?

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-09-07 02:03 | WILLCOM話


<< ゲーム話:DSの竪琴持ち WILLCOM話:W-ZERO... >>