機械話:レベルアップワープロ

まいど
今回は水戸で書き込み
水戸といえば水戸王子、そしてダイオージャ
ミトといえば宇宙海賊、…そういえばその息子はあおいちゃん
ま、どーでもいーけど

水戸に着いた時、一つびっくりニュースをNHKで見た
昨夜、川で泳いでるオットセイが発見されて、何とか捕獲したらしい
無敵看板娘Nの話が現実になってしまったよ
すげぇ!
…もっとも、看板娘の話が分かる人は何人いることやら…

まぁ、それはいいとして
今回は、先のエントリで思い出したことがあるので
3年ほど前に書いていた話を再想起

ワープロソフトも他のPCソフトの御多分に漏れず
バージョンアップの度に、より大きく重くなってきている
でも、その機能を把握して利用するのは、なかなか骨が折れる
じゃあ機能を削減すればいいかというと、売り文句が減るから
そうおいそれと削ることはできないだろうし

そこで、削れないなら、とりあえず隠してしまおうという話
例えばこんな感じ

まず、インストールする時に『フルスペック』『練習』を選んでもらう
フルスペックを選ぶと、通常のソフトウェアとして使うことのなる
練習を選ぶと、最初は文字を打つことしかできない状態で
セットアップが完了する

これで、プログラムを立ち上げると、画面には
『文字をたくさん打とう』と表示される
言われるがままに文字を打っていると、突然ファンファーレが鳴り
『レベルアップ!"名前を付けて保存"が使えるようになりました』
などと表示される

どういう仕組みかというと
ある機能を繰り返し使うことで経験値・熟練度がたまっていき
規定値に達すると、関連する次のレベルの機能が解放される
そうして、繰り返し使うことで少しづつ次に使える機能を獲得して
徐々にワープロの利用技術を高めていく、というもの

レベルアップという概念を利用して
向上心を持ってPC利用を学べるようにする
という狙いもあったりする

また、機能によっては複数の下位機能の熟練によって解放
なんて設定もすれば、新しい機能を探してあれこれ操作を試す
っていうゲーム的な楽しみも出る、…かな

新機能や複雑な機能を学ぶための新機能、ってことで
ワープロだけでなく、他のソフトウェア分野にも応用できると思う
電話機みたいに急速に増加してしまった分野にも
結構役立つかもしれないなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-09-10 15:27 | 機械話


<< WILLCOM話:W-SIM-... 機械話:ライセンス多段購入 >>