無駄話:学園祭でTシャツ祭り

まいど
9月もそろそろ半ば、スーパーワンセグウォッチの懸賞は応募開始だ
世間的には、小・中学校では運動会の季節だし
高校・大学では学園祭の季節だ

学園祭めぐりはとても好きで、知人の顔を見によく行っている
けれど、最近さみしいのは、ゆと(ryのせいで学園祭をやるゆとりが激減
2日連続開催の所はほとんどなくなり
やる所も、毎年から隔年・3年毎と漸減している

それに伴って、継続的に運営する学生が減るもんだから
ノウハウの蓄積も薄れて、アイデアもなくなってきている気がする
何ていうか、力を合わせて・工夫をして・技を結集した物作り
こういうのを求めてるんだけど、なかなかなくなりつつあるんだよなぁ

んで、学園祭でこういう出し物をやったら面白いんじゃないかな、って話

手芸系で便利な道具があって
布に描いてアイロンで定着させられるクレヨンやサインペン風の筆記具がある
こういうので銘々がTシャツに手描きでデザインをして
それを展示物として飾りつつ、希望する人に頒布するなんて
結構いいんじゃないかなぁ

もし、美術部系のイラストが達者な人がいれば
その場で似顔絵などを描いて、その場でTシャツに仕上げるのもありかな
それに、学校にちなんだいろいろなテーマで絵を描いてくれれば
とてもいい記念になること受けあいだろう

あとついでに
ああいう展示ものって、大抵は紙で作りたがるんだけど
安くても布で作った方が質感が上がって良いんだよね
とても見栄えがする

喫茶店風ばかりなのも、いいけど
何かもう一息欲しいしね

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-09-13 00:32 | 無駄話


<< ゲーム話:技のレース 機械話:音楽小箱 >>