無駄話:電話機自体を麻雀牌に

まいど
Wiiの発表から丸一日
ファンサイトとかでいろいろ話題になっているかな、と思いきや
それほどでもない感じ
うーん、価格がインパクトなかったからかなぁ
同時発売に衝撃的な隠し玉がなかったからかな?
まだ大手量販店でも予約はできないみたいだし
今はまだ静かに考える時期、かも

個人的に気になるのは、麻雀があるかどうか
新機能を無駄遣いして実験するには、麻雀が最適だとは
昔から言われてるしね
…買わないけど…

そういえば、Appleや任天堂の発表に気を取られて忘れていたけれど
今日はRICOHのデジカメCaplioR5の発売日
すっかり忘れていたなぁ…

で、まぁ、それはそれとして、麻雀の話でも
最近はお豆腐デザインの携帯電話機も大分増えてきたけど
それで麻雀牌を作るってのはどうだろう?

どういう事かと言うと
電話機の真っ白な表面にデコレーションのシールなり
機種によっては着せ替えパネルを使うなりして
麻雀牌の各絵柄を貼り付けていき
それを本来の麻雀牌と同数集めて1セットを用意
この時、電話機はすべて同一機種の同じ色に統一


これらを使って普通に麻雀をするというもの

意味はないけど、見たら笑う、きっと笑う
どこかの会社で集団導入とかして
社員が揃ったら麻雀大会を開くとか
全員が同じタイミングで他機種に変更したのち
会社の入り口に、ショーケースに入れて陳列したりすると
インパクト抜群にちがいない

いくらお金がかかるかは完全に未知数だけどね~

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-09-15 16:25 | 無駄話


<< WILLCOM話:背面タッチパネル ゲーム話:3D対応グラフ描画 >>