無駄話:ちくわぶ活用方法

まいど
10月になり、衣替えもすっかり済んだようで
そろそろ冬に向かい始めた感じが強まってきた気がする
もう、収穫の秋も終盤で、冬が近づいてくるんだろうなぁ

10月になったらR77なんて新端末の話も浮上してきて
依然話題になったKP77やWX220Jと合わせて
WILLCOM端末も収穫期をひかえて、そろそろ冬支度かな?

冬の味覚と言えばおでん
このくらい肌寒い夜だと、夕食におでんってのもいいかも
個人的にはちくわぶが好きだったりするのだけれど
この具、おでん以外では見ることがない
何か、ほかに調理法はないものだろうか?

と思って材料とかを調べてみた
材料は小麦粉と食塩、以上
Σ(゜Д゜;)!?それだけなの!?

って、うどんと同じじゃん、これ
ということは、うどんと同じこともできるし
うどんでは細すぎてうまくいかなかった調理なんてのもいけるかも

そうねぇ…
例えば、うどんといえば煮て食べる・焼きうどんにする
くらいしか思い当たらない
他の国の練り小麦粉系では、炒めたり油で揚げたりサラダにしたり
焼いたらパンになるわけだし、何かこう良いのはないかな…

こんなのはどうだろう
ちくわぶを、コッペパンのように切れ目を入れて、その間に味噌を塗る
そして、煮込んだ後に水分を飛ばし気味にした
油揚げや豚のコマ肉とかを挟むの

まあ、みそ煮込みうどんを棒状に無理やりまとめるというのが
味というか、最終的な立ち位置なんだけど…
うむむ

つうか、なんでちくわぶは調理法方が全然ないのに
割としっかり存在していられる食材なんだろう?
不思議だわ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-10-03 01:57 | 無駄話


<< WILLCOM話:ウィルコム簡... 無駄話:傘装着型電話固定具 >>