WILLCOM話:ウィルコム簡単プラン

まいど
そういえば、今月からとある電話会社では料金契約に変更があって
割賦方式以外では新規契約もプラン変更もできないとか
風の噂でそんなことを聞いたりした

MNPに向けてどこもみんな、とにかく逃がさないための策に
もうこれでもかというくらい力を注ぎまくっている印象を受ける
ということは、WILLCOMは正反対に
簡単に契約できて簡単に解約できるプランを用意すればいいかもね
という話でも

題して、ウィルコム簡単プラン
コンセプトは、インセンティブ廃止による明朗会計と
年契の縛りや割引・無料通話のごまかしの排除
簡単にわかる料金体系

どういうものかというと
まずは契約時の話から
1.端末料金の割引はほとんどなし、普通に19800位は払ってもらう
2.契約事務手数料は変わらず2835円(込)
3.年間契約・長期割引やオプションは完全に除外

そしてメインの話としては
1.月額基本料は1000円(込)
2.通話料金は、対PHSで5.25円/30秒
  対固定で10.5円/秒、対携帯で13.125円/30秒
  (いずれも税込み)
3.パケットは一律0.0525円/1パケット
4.機種変更価格は基本的に割引を排除
  (つまり普通の家電品としての値段)
5.代わりにいわゆる10か月縛りの消滅
6.他プランへの変更は制限なし
7.メールの利用料は他のプラン同様追加料金なし

また、解約時については解約料等は一切なしということで
ある意味やめるのも一番簡単なプランに

とまぁ、書いてみたけれど、狙いは携帯各社とまるで反対

まず、割引制度は、WILLCOMを試そうという人にあまりよくない
携帯だといっぱい割引が付くよ、という向きもあるけれど
割引いっぱい=長期の縛り付き=一度関わると逃げられない
というあまりよくない循環もあるし
他社の縛りにうんざりしている人もいるだろうから
その辺をすっきりさせるのが第一

また、すっかり1円端末が定着しちゃったけれど
ただより高いものはないというのも事実
このプラン自体はウィルコム定額プランなどと比べて1900円安いことになるけれど
その差額があればたとえ購入時に20000円違っても
1年もすればコストは逆転すると言える

携帯で1円端末・最低料金プランで3000円程度で回している人だと
WILLCOMの水準なら1500円程度で済みそうだから
たとえ1円端末じゃなくても十分安く済むと言える

それでもって更に、このプランにはもう一つ重大な狙いがある
それは、固定回線の置き換えだ

普通の家庭用電話と同等のSIMジャケットを用意して
最近あまり使わなくなった固定回線の代わりに
すごく安い月額費用で維持できる電話としての普及も
このプランには寄せている
…何でかと言うと、固定電話でインセンティブとか縛りとか
はたまた無料通話分とかないでしょ?
こういうシンプルプランは、固定電話的利用にも向いていると思うんだよね

ちなみに、よくW-SIMについては
ダイバシティアンテナがないから移動に弱いとか何とか
変なところから突っ込みが入ることの多いけれど
それについても問題ない

このプランは、そう頻繁に使いはしないけれど安く所持しておきたい人や
家に置きっぱなしで使う人を想定しているので
電車や車で高速移動をしながら使いまくる人は
はなっから対象外なので(笑)

各社がMNPを割引合戦と囲い込みで乗り切ろうとしているさなか
風穴を空けるのは、こういう何も付かないプランだと思うなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-10-03 04:43 | WILLCOM話


<< WILLCOM話:左側スクロールバー 無駄話:ちくわぶ活用方法 >>