WILLCOM話:ふにゃふにゃ電話

まいど
ちょうど今、ごきげんようを見ていたら、はしのえみさんが喋ってる
つい最近、初めてカメラ付き携帯に変えたんだとか
電話にカメラをつけようって最初に考えたのは誰なんでしょうね
なんて話をしていたり
…それは京セラの中の人だろうねぇ(笑)

カメラねぇ…、普通にコンデジを2台常備してるから
むしろ電話機にはない方がいいなぁ、と思ったりもする

そこで、今、積極的にカメラを排除するとしたら
どんな端末の可能性があるかな、と考えてみた

最近ではふにゃふにゃと曲げて丸められるキーボードなんてのもあって
(PCのキーボードも、音楽のキーボードも両方あるね)
プリント配線とかは、別に固い基板でなくても作れてしまっている
画面についても、曲げられる液晶ディスプレイは開発されている

一方レンズは、さすがに曲げてゆがんだら使いものにはならないから
ふにゃふにゃにはできないと思う
…から、カメラなしとふにゃふにゃは最初から共存できないかな

てなことで、筐体全部がふにゃふにゃな、ふにゃふにゃフォン
なんてのはどうだろう?

ZERO3やesのユーザーで、ズボンのポケットに入れてたら
座った拍子につぶして、液晶が割れたなんて話もちらほらあるし
落下させて砕け散った、なんて話も耳にする
固い材質だからこそ割れたりするわけで
柔軟な素材なら、そんな心配はないと思う

このふにゃふにゃフォン、最初はそれほど機能を盛り込めないだろうから
通話だけできればいいっていう定額プランユーザー向けや
W-ZERO3との2台持ちをする人に向けての端末として
それから、『PHSは携帯に作れない端末を平気でやってのけるッ!』
『そこにシビれる!あこがれるゥ!』な存在感を示す端末として
あったら面白いかも

つうか、そろそろ、折りたたみ・ストレート・スライドな
いかにも携帯電話なスタイルから脱却して欲しいよなぁ、と
とりあえず、プラスチックの塊で豆腐にはなって欲しくないから…

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-10-13 14:01 | WILLCOM話


<< ゲーム話:ネット観戦とゲームプロ WILLCOM話:炊飯器とW-SIM >>