機械話:車の背中は大画面

まいど
なんでも、今日は孫と日だそうで
何で孫の日なのかはさっぱり分からないけれど
何か由来はあるんだろうなぁ…、どーでもいーけど

それはいいとして
最近の車で増えたなぁと思うのが、車高が高くて容積の大きいもの
やたらと膨らんだ車が目立つ気がする

個人的には、後続車の視界をふさぎやすいから
あんまりいいデザインじゃないなぁ、と思ってるんだけど
まぁ、そこは持ち前の視力を活かして、充分に車間距離をとり
遠くから眺めることで対処している

でも、周りを見渡すと、どうも視力なんかがたがたで
車間距離も全然とらない人が多いようだから
見えなくて危険なんじゃないかなぁ、とも思う

そこでこんなのを考えてみた
ああいった車は、収納力強化のために裏のトランクは
扉が大きく平らで、かつ垂直っぽくなっているものが多い
だったら、そこに大型のディスプレイをはめ込んでしまってはどうだろう?
液晶だと外では見辛いから、プラズマとかSEDとか?

それで、車の全部に高解像度のカメラを設置
運転・走行中には、車の前方の風景をその画面に表示するようにする
後ろの車から見れば、まるで前の車を透視して見ているような感じになる

んで、停止時のために、トランク扉内部にもカメラを設置
ボタン一つで、トランク内を表示するようにもする
この場合は、トランクを開けずに中身を透視する、って感じ

あと、どうでもいいけど追加機能
普通に、カーナビやらDVDやらゲーム機やらの画面も
表示できるようにしておけば
例えば、集団で移動する時に連絡用掲示板っぽく後続車に示したり
また、社内のカーナビ画面のタッチパネルに字を書いて
後ろにメッセージを見せたりも面白そう
んで、キャンプなんかの目的地では、映画鑑賞やゲーム大会に使う、と

まぁ、車本体の価格がどのくらい跳ね上がるかは無視するとして
車の背中にディスプレイを付けると、いろいろ応用が効きそうだ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-10-15 15:55 | 機械話


<< ゲーム話:化学DS 無駄話:本の折れ曲がらないかばん >>