WILLCOM話:基地局に広告を

まいど
以前に、WIllCOM基地局に何か機能を付けるなら
って話題に触れたことがあったけれど
それの続編ってことで、今回のエントリを

今、WILLCOMに必要なことって何かと問えば
まず真っ先に思い浮かぶのが、知名度
業界初なことをWILLCOMがやったとしても
そのすぐ後に、大手が”携帯初”を喧伝してしまうため
いまいち脚光を浴びることが少ない

若者層では知られつつあるけれども
小・中学生や年配の層では、やはり依然として知名度が低い
知名度が低いからこそ、変な誤解も根強い
『通話定額2900円って、基本料金のほかにそんなに払いたくない』
なんてのは、誤解の典型だ

他社では新聞広告や電車の広告・街角の看板など
宣伝の力はすさまじいものを見せつけているけれど
残念ながらWILLCOMではそっち方面が弱く
その点も知名度が上がらない一因かな、と思う

WILLCOMも、街頭広告が出せるなら出して欲しいと思うけど
そこで、基地局に目を付けてみた

街中を歩いてアンテナ探しをしたりすると
さすがに16万局もあるだけあって、かなり頻繁に発見できる
まぁ、信号機の台数とほぼ同等というくらいだから
当たり前といえば当たり前なんだけど

しかも、幹線道路沿いに立っている頻度が高いから
広告設置媒体としては、かなり好条件だと思う
更に言えば、もともと自社管理の物件が多いはずだから
設置後の広告料はほとんどかからないんじゃないかなぁ

こういった状況を踏まえると、アンテナにただでっかく
”低電磁波ケータイWILCOM”とか
”通話無料ケータイWILLCOM”とか
”データ通信つなぎ放題WILLCOM”とか
と貼っておくだけで、ものすごい宣伝効果かと思うんだよね

というわけで、基地局整備の一環として
基地局に広告を貼ってみて欲しいなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-10-21 20:14 | WILLCOM話


<< ゲーム話:大工Wii WILLCOM話:音声抽出電話 >>