機械話:ボタンなし端末

まいど
少し前に全面タッチパネルの端末のコンセプトモデルが
どこかのニュースサイトで紹介されてるのを見たんだけど
あれを更に突き詰めたら、どうなるんだろう?

今ぱっと思いつくものとして、タッチパネル以外にも
重力センサーや音声センサーなんかも
ボタン代替として考えられる、けど…
まぁ、街頭で使うことを考えると、音声センサーはだめかも

そうすると、重力センサーをうまく使うことで
キー入力代替にできれば、ボタンがない端末もできる、かな?

2004年ど後半にやっていたアニメで、陰陽大戦記ってのがある
結構好きだったのだけど
その主人公は、”ドライブ”と呼ばれるSANYOのXactiみたいな道具を
上下左右に降り動かすことで印を切って
それで、式神に力を与えて戦っていた
…まぁ、いわゆるコマンド入力ってやつ

てのを利用して、電話機の機能呼び出しとかも
一種のコマンド入力なわけだから、できるんじゃないかなぁ

実際の所、大抵の操作は
『機能キー』ー『十字キーでアイコン選択』ー『決定キー』ー…
という操作で操作しているわけだから、できそうだと思う

もっとも、文字入力みたいなのは大変だけど
これも、空間に仮想キーボードがあるということにして
端末の移動でどこのカーソルが当たっているかを規定すれば
入力できる、…かも?

そのまま空気に文字を書いて、そのモーションから文字を判定
って手段もありそうだし

実用的には使いにくいと思うけど
電話機に限らず、こういうジェスチャーコントロールってのは
いろいろ開拓する余地があって面白いと思うなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-10-30 23:44 | WILLCOM話


<< 無駄話:音声MVNOの可能性 WILLCOM話:透明筐体とW... >>