機械話:ワンセグの隠れた利点

まいど
昨日はes用のワンセグチューナーやらesの新バージョンやらが発表されたのに
何か思ったよりも反響はなかったみたい
…人のことは言えないけど(笑)

個人的に、やられた!、と思ったのが、抗菌使用のnico.
昔、抗菌剤の研究してたのにねぇ…
あの当時は、化学の裏付けが全然ないうちに製品化されていたけど
しかも、基礎研究をするところは存在してない業界だったけど
今はどうなんだろうなぁ…、結果試験だけを続けてるのかなぁ…
原理的にはある意味オカルトなんだよなぁ

まぁ、抗菌剤はどうでもいいや(笑)

気になったのはワンセグ
コネクター接続・録画なし・コンテンツなしというのは
正直ワンセグとしてはきつい
つうか、既にワンセグを搭載している機器でさえ
本当に利点と呼べる所は分かってない気がするなぁ
と思うんだけどね

家庭用のテレビは、今やデジタルへの移行期
まぁ、国が主導するメディア・インフラは必ず失敗するから
2011年に失敗確定だとは思うけど
もしくは、他の通信インフラを通じて番組を見る
ネットワーク番組の方が力を持ちそうな気もするし

何でデジタル放送が駄目かというと
単一規格に揃えてないからというのが大きな理由じゃないかな、と思う
デジタル対応TVの背面を見ると、もううんざりする

どれだけのコネクター端子があるだろう…?
アナログの同軸ケーブル・アナログUHFのフィーダー線
ビデオ端子・S端子・D端子・HDMI端子
そして物によってはPCにつなぐ端子類もあるし…

こんなにごちゃごちゃしてるTVなんかいらないっつうの
しかも、ハイビジョンもフルハイビジョンやら何やら
しかも、さらに解像度を上げた上位企画も策定を目指してるとか…

もうね、VGAクラスで構わないから、余計なことしないで欲しい
こういう姿勢が、TV離れを起こしてるのかもね
TVは、番組だけ見られればいいんだよ、本来は
携帯電話同様、下手に追加サービスで儲けようとするから
デジタル・ハイビジョンなんか普及しないんだってば

でもそこで、ワンセグにだけは、それを超えられるメリットがありそうなんだよね
それは、ケーブルが不要で、録画も単体で対応できること
つまり、様々なコネクターに邪魔されない、シンプルで快適なTVを楽しめるということ

携帯電話に搭載されているワンセグ機能は
注目される度合いが高い割には、大した成果が上がっていない
…そりゃま、そうだろうね
あちらさんは、とにかくちょっとした物を見せて
あとは何とか付加サービスで如何に小銭を稼げるかだからね

ワンセグで注力すべき点は次の3つ
1.ケーブルのいらないTVであることをアピール
2.番組表などの管理情報を持ってこれることをアピール
3.メモリを差せば単体で録画・閲覧をできることをアピール

したがって、ワンセグ対応であるべき製品はこんな感じ
・据え置きで12-14インチ程度の薄型液晶
・ケーブルは電源のみ
・メモリスロットを2基装備(ダビング用)
・通信用にW-SIMスロットを装備

あとは何もいらない
ワンセグの生きる道は、携帯端末ではなくて
家で手軽にTVを楽しめるという部分だ
据え置き専用機を出してくれないとなぁ…

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-11-02 12:19 | 機械話


<< 無駄話:歯笛楽団 機械話:マルチカードPPC >>