WILLCOM話:歴史学習

まいど
近頃歴史といえば、高校の履修問題ばかりが話題だけれど
単純に、歴史ってのは学習に時間のかかる学問分野で
授業があったらあったで負担の多い科目ではある

個人的には文系も理系も両方通過しているから
まぁ、そんなに気にして敢えて避ける必要もないのになぁ
とは思ってるんだけど…

つうか、学校が入試に必要な物以外をやらなすぎるのが
一番の問題点なんだろうけどね
二年前だかに数学オリンピックの本戦を日本でやった時
筋肉のオリンピックしかニューズにならなかったしね

それはともかく、歴史ってのは学校以外では割と人気のジャンルで
そして、学校にいると面倒なジャンルでもあるから
それを定期的に系統だてて学べる手段があれば
結構な需要はありそうだ

っていうか、今回書こうと思った理由が
日本史の勉強に苦しんでる人が身近にいて
その人が、楽しく勉強できるものがあればなぁ
って言ってたことにあるんだけどね(笑)

それにはいくつかの手段があると思うけど
主に、WILLCOMのwebコンテンツに出して欲しいな
という観点で考えてみると

1.歴史の問題配信
一種のメルマガのような形式で、毎日歴史の読み物と
それから、練習問題を配信
前日の読み物にちなんで、それの問題をクイズ形式に配信
毎日読み続ければ、確実に知識を蓄えてステップアップできるってわけ

2.歴史トレーニングソフト
基本的にはクイズゲーム
DSの常識力トレーニングの歴史版、って言えば
安易だけど説明しやすいかな

これも毎日トレーニングをして、情報を蓄積
更に、W-ZERO3にタッチパネルがあることを利用して
歴史上の人物名を実際に書き取りしたりもいいかも

外にも、年表の時代塗りつぶしや地図と地名をタッチとか
資料集を搭載して、年表をタッチしたり地図をタッチしたりで
情報を検索できるってのもいいかな

これらは、学生向け・入試向けは1年ループで毎年同じコンテンツを回してもいいし
一般向けに、どんどん細かい内容を突っつくのもあり
まぁ、まずは学生向けのコンテンツから、かな

1のタイプなら提示配信かサイトアクセスで利用して
2のタイプなら一括ダウンロードかデータ入りメモリーカードで提供して
そして、この両方の融合ってのもいいかも

あとは、そうだなぁ…
webサイトにつなげられる利点を活かして、点数を登録
全国での順位を認定してくれるとか
それから、ある規定点数をとることで、歴史検定の級を発行とか
そういう発展もあるといいかもね

まぁ、スタディフォン構築の一環として
こんなのもありかな

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-11-04 12:54 | WILLCOM話


<< 機械話:誤変換専用辞書 無駄話:ラーメンの薫製 >>