WILLCOM話:PHSラジオ

まいど
いやはや、昨日は不覚にも更新を逃してしまったわ
まぁ、たまには仕方ないか
どこでも書けるW-ZERO3があっても、欠かさず更新ってのは
なかなか壁が高いなぁ

さて、今回の話は、WILLCOM定額プランを活用して
何か面白いことができないかなぁ、というもの

概要としては、以前書いたことのある音楽配信と近いかも?
今回は、PHS音声回線上で流れ続けているラジオ番組なんて
結構面白そうかも、って話

今までにも、音声サービスってのはいろいろあって
決められた番号にかけると、そこで情報やメッセージが聞ける
ってのは、固定電話でもあったし、かつての移動体電話サービスでもあった
…つうか、今でもそれなりに続いているのかな?

それと違うのは、『電話がかかってきたら、それに応対して流す』のではなくて
『常に番組は進んでいて、電話をかけた時だけ聴ける』というもの
ラジオ放送が常に流れていて、ラジオ装置の電源・チューニングで聴く、ってのを
PHS放送が常に流れていて、PHS装置の電話番号で聴く、って置き換えるわけ

他社の電話サービスではできないけど
WILLCOMでは定額プランで音声定額があるから
その番組を070のPHS端末上で流すという形態にすれば
聴取自体は無料にできるという点が大きな差だ

サービス利用料については、月額315円程度で集めるって手もあるだろうし
CMを流してスポンサー料で賄うという手もあるし
開局したい人から、放送設備料として集める方法もあるかな

ラジオ放送局自体は、電波法の関係で許認可事業だけど
あくまで電話の音声上でのサービスなら、無認可でできそうだから
ラジオ放送局をやりたいという業者に、その場を提供するという意味もある

WILLCOM回線の下に広がる新しい商業地帯の開拓として
こんな感じでラジオの世界を作ったら
ユーザーよりも業者向けサービスとして面白いかもね
下手をすれば、24時間自社CMしか流れないラジオ局なんてのを
一般企業が持てるようになるわけだし

WILLCOM端末は連続通話時間も他社に比べてべらぼうに長いから
そう言った点でも、大きな差別化をはかれて面白いかも?

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-11-07 01:19 | WILLCOM話


<< 無駄話:柿牛乳 無駄話:煮パン茹でパン >>