機械話:インクジェット印鑑

まいど
聞くところによるとポケモンダイヤモンド・パールの販売数が250万を超えたとか
DS対応ソフトでは300万超が3タイトルもあるけど
それでももう売上では5位らしい
一カ月半しか経ってないのに、恐ろしいことだ…

それはそうとして、今回の話はプリンターみたいな物を
11月と言えば年賀状商戦の開始で、プリンタ業界のかきいれ時
…のはずなんだけど、今年はプリンタ新機種の話をほとんど聞かない…
何でだろ?

このプリンタ技術、特にインクジェットヘッド技術で
面白いことができないかな、と考えてみた
それは、印鑑だ

普通の印鑑の印字部分をプリンタヘッドにして
判子を印刷する印鑑なんて面白いと思うんだよね

印鑑の先の部分に、直径位置にプリンタヘッドを配列して
印鑑内部には回転用にモーターを仕込む
んで、印鑑を紙に押し付けると、中でヘッドが回転しながら
紙に判子を印刷する、って仕組みで

…あ、ちなみに、ヘッドの回転方向は
紙面に対して水平面ね
簡単に言うと、扇風機の羽にプリンタヘッドがあって
扇風機の前の人の代わりに紙、って位置関係

サイズは普通の印鑑よりも大きくなってしまうけど
プリンタヘッド・モーター・バッテリー・メモリー・CPUを印鑑筐体に仕込んで
インク台の要らない印鑑になればいいなぁ

もうちょっと追加すると
印字する判子はパソコンを通じて編集できるようにして
更に、4つ程の印字内容を使い分けられると面白いかも

簡易利用にも、遊びにも、もちろん実印にも使えるような
インクジェット印鑑
遊べる印鑑って点でも面白いかも

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-11-08 19:13 | 機械話


<< WILLCOM話:虫除け電話機 機械話:暖飯懐炉 >>