WILLCOM話:懐メロ着歌

まいど
まずは軽く小ねたを連発から

その1
週刊少年チャンピオンの無敵看板娘を毎週欠かさず読んでいるのだけど
今週号は個人的に、やられた、と思った
青鮫という名の、その名の通り青い鮫の着ぐるみキャラが
今週から、あんこうの着ぐるみに変わってしまった…
これは、この着ぐるみを作れという作者からの挑戦状なのか!?
…青鮫は作ったんだけどなぁ…

その2
そのチャンピオンを買ったお店はゲームも扱っていて
昨日ついでに見てきたら、初代DSの白と黒の中古があった!
しかも、結構な良品の模様!!
白と黒は持ってないんで欲しかったんだけど
さすがに今買うとWiiが買えなくなるので、我慢我慢
…でも、Wii自体が買えるか怪しいしなぁ…
…つうか、売った人はWiiの資金作りか…?

その3
前にもちょっと書いた、nico.とWX300Kを安売りしてるお店
入り口扉にキャンペーンの大きな張り紙があったので見てきた
『友達・仲間と同時購入で0円!仲間割!』とか書いてあった
…『仲間割』って…
『なかまわ”り”』ってつもりなんだろうけど、『なかまわ”れ”』って読んじゃうし(笑)
…縁起悪いなぁ

さてさて、そろそろ本題を
最近ではWILLCOMユーザーも新しい人が増えてきて
幸か不幸か、携帯電話業界と同じ物を求める人が
段々と増えて言っているような気がする

着歌なんかはその要求の最たる物で
欲しがる人がいっぱいいる気がする
個人的には、音質が悪いのをわざわざ買ってもなぁ、と思ってるけど

でも逆に考えてみると、もともと音質のあまりよくなかったものを
少しよくして再現できる、っていうならありかもしれないなぁ
とも思った

そこで目を付けたのが、今ではもはや購入できない古い曲
他社の着歌は、その営業力もあるのかなんなのか
基本的には”最新の曲をいち早く”というのも売りだったりする
じゃぁ、もしWILLCOMがやるなら、その逆に、すごく古い方から順に
少しずつ発掘していくやり方ってのが、差別化としても面白いかも

つうか、古い曲だったら、今の曲を嫌う年配層を中心に
新しい顧客層に大きくアピールできると思うし
何より、安く手軽に提供・購入できるんじゃないかな

新たな客層開拓って意味も込めて、懐メロ着歌に期待してみたい

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-11-18 15:03 | WILLCOM話


<< 機械話:画面付きメモリーカード ゲーム話:リプレイレコーダー >>