無駄話:コピー用ちらしの裏

まいど
年末、年賀状やらコミケ準備やらで、何かと紙の消費が多い時期だ
その一方で、年末の大売り出しとか広告が大量に出る時期でもある

鉛筆で字を試し書きするなら、ちらしの裏で充分なんだけども
プリンターでの印刷には使えないので、ある意味もったいない
ちらしの裏をコピー気に使えたら、便利だと思うんだけどね

そこでふと考えた
市販のコピー用紙の裏に、あらかじめ広告パンフレットや
または割引クーポンとかを印刷しておいて売る、ってのはどうだろう?

例えば、飲食店の50円クーポンとか、量販店のポイント1%増額クーポンとか
PC周辺機器の3%値引きとか、単に新製品のパンフでもいい
ただ、広告が載るからぐっと安くなるだけでもいいわけだ

ある意味、500枚セットの広告の束を買うとも言えるかも
例えば本来500枚で400円の用紙があったとして
100円引いて300円になるなら、1枚当たり0.2円の広告費なわけだ
ユーザーにとってはなかなかお得かも

消耗品が安くなるのは嬉しいことなので
こういうのも出てくるといいなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-12-23 20:22 | 無駄話


<< WILLCOM話:八剱副会長の... 機械話:シャーペンと音楽プレイヤー >>