WILLCOM話:当たり付き請求書

まいど
つい最近始まったと思った、某いやがらせ電話会社のCM
どうやら、24日で終わっていたらしい
…ていうか、終わりにさせられた、が正しいんだろうなぁ
あまりにも酷すぎて、叩かれまくっていたしね

個人的には、年明け早々に投資会社が全面引き上げ
んで、さっさと業務をたたんで欲しいなぁ
と思っているんだけど
…いい迷惑だし

ま、よそはよそ、このくらいにして放っておこう

さてと、それでは本題
携帯電話各社は、元々の基本料金を高めに設定したまま
『最大△△%割引』という形で、安くなるという名目にはなっている
けど、それはそれで、もはや使い古された方法なので
もうちょっと違うやり方はないものかと思って考えてみた

ところで、最近とあるポテトチップでは
『袋を開けて当たりが出たら商品券進呈』
なんてキャンペーンをやっている
電話会社でも、それをやってみたらどうだろう?

つまり、『請求書を開けて当たりが出たら、利用料金無料』ってやつ

…一カ月だけだと物足りないから、三カ月無料とか
または、請求書をまとめている家族全員分無料化、とかね
これを、毎月1000人が当たる、とかでやるわけ

採算的には、さして影響がないと思うんだよね
例えばWILLCOMの場合、ARPUが4000円台だと聞いたけど
約400何人のうちの1000人は、比率にして1/4000
これを単純にARPUと対比すると、一人当たり1円の割引だし

金額にしたら400万円ほどになるけど
広告的なコストと、これによる評判とかを考えると
プラスには働いてもマイナスにはならないと思うんだよね

…つか、この当選確率、10年規模のユーザーは特別に当たりやすくするとか
そんなおまけもあるといいかも(笑)

毎月の請求書を見る、ほんのささやかな楽しみという点でも
こんなキャンペーンが実現されたらいいなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-12-27 05:17 | WILLCOM話


<< 機械話:メモリ内蔵ワンセグチューナー 無駄話:筋子牛丼 >>