機械話:机PC

まいど
つくづく思うのだけれど、PCって結構邪魔な置物なんだよね
今はZERO3をメインにして、データ管理にノートPCを使っているけど
10年以上前のPCが机の半分以上を陣取っているから
机を使う機会があまりないし…(笑)

あぁ、それで昔から勉強は図書館でしていたんだなぁ、と
ふと気が付いてみたりして'`,、(´∀`) '`,、

確かに、デスクトップのPCはいろいろ作業も大きくできるし
拡張性も高かったりして使いでは良さそうな気もするけど
それを上回る邪魔くささは、何とかならないものかなぁ
…みたいな話を、昨日知人としていた

まぁ、机の上が邪魔で勉強しにくいいらしい
…つうか、隣にPCがあると、つい触っちゃうんだろうなぁ、とも思う
自分の場合は、勉強の内容をノートに書かずにPCに打ち込んでいたから
その辺は回避してるけど、うぅむ…

そこで考えたのが、机と一体型になったPC
インベーダー喫茶でおなじみの(?)、テーブル筐体のように
机の天板部分にディスプレイを埋め込んで
手前部分、机なら薄型引き出しのある部分にキーボードを仕込む
んで、画面の横にタッチパッドを設置するか、画面そのものをタッチパネルにして
ドライブ類は、横の引き出しの部分に収めてしまう

こうすると、机の上もすっきり片付くから、結構快適かも

更に、この小型版として
学校机の天板をディスプレイにして、机の中にキーボードとドライブを収納
なんてのもいいかも

これから新入学のシーズン
こういう机が出たら売れるかも?

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-01-09 16:21 | 機械話


<< 機械話:SDカードスロット内蔵HDD WILLCOM話:コンビニで端末販売 >>