機械話:SDカードスロット内蔵HDD

まいど
最近ではHDD関連の技術もまたどんどんと進んでいて
シリコンディスクやらハイブリッドディスクやらも
そろそろ一般的に広まってくるらしい

ハイブリッドディスクってのは、簡単に言えば半導体メモリを内蔵したHDDで
一時的なデータをメモリに入れておいて、HDDへのアクセスを減らすことで
作業効率を高めたり、機械的動作を減らして省エネ・静音化したり
というものらしい

で、このハイブリッドディスク
ふと思ったんだけど、半導体メモリ部分を自由に付け替えられたら
結構面白そうじゃないかと思うんだよね

例えば、SDやminiSDのスロットを用意しておいて
そこにユーザーがメモリーカードをさせるようにしておくのだ
今や安ければminiSDも2Gで4000円を切ってしまうから
二枚挿して、4G搭載のハイブリッドディスク、なんてのもできたりして

実用性があるのかどうかは良く分からないけど
製品が出始めでまだまだ高価な時期には、それなりに普及の助けになるかもしれないし
何より、改造やカスタマイズ好きな人には、面白い追加機能だろうと思う

というわけで、PCパーツとしてのHDDベアドライブにSDスロット何か
付いても、いいんじゃないかと

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-01-09 16:33 | 機械話


<< 機械話:音声単語帳 機械話:机PC >>