機械話:音声単語帳

まいど
昨日というか今日というか、秋田書店の新刊を買いまくってきた
今月は4冊
椿ナイトクラブ2巻・ナンバMG5八巻・24のひとみ2巻・みつどもえ1巻
揃いも揃って駄目人間養成漫画(褒め言葉)だ!
'`,、(´∀`) '`,、

んで、同じ店の中古ゲームコーナーを眺めていたら
DS(しかも元祖専用)のTVチューナーが置いてあった
お値段なんと、3150円!!
一瞬、買っちゃおうかなぁ、とか思ったけれど
どうせTVなんか見ないし、と思いとどまった
TVなんぞにバッテリーを消耗してDSが使えないんじゃ本末転倒だしね

そう、最近TVは全然見ないんだよね
私見ではあるけれど、2006年はTVの地位が大幅に下がった年だったかも、なんて思う
ワンセグは思ったより役に立ちそうにない上に
録画もさっぱりだから、すっかり『外出用その場しのぎTV』として
確固たる地位を築いた気がするし

年末に『新ゲーム戦争』みたいな感じでTVはWiiとその他を煽っていたけど
実のところ、Wiiに惨敗を喫しているのはTVなんだよね
TVは自分がメディアの王者で、ゲーム機を話題に載せてやってる
ってな報道姿勢がありありだったけど
それを見ているユーザーとしては、『アリアリアリアリアリベデルチ(さよならだ!)』
の心境だった

WiiやDSは新しい遊びの体制を何とか構築して
客が飽きないように腐心して生まれたゲーム機だけれども
他のゲーム機やTV・デジタル放送などは、あくまでもこれまでと同じ
ただ単に画面がきれいになりましたよ、の世界だ

気付かないというのは、寂しいことだなぁ、と思ったりして

まぁ、終わりの近付いた話はこの辺で切り上げて、今回の話題を
今回は、メモリーオーディオと(英)単語帳の話だ

メモリーオーディオの使い方として、英単語や例文を録音して
音声単語帳にするというものがある
ユーザーが自分の声で録音して作り上げていくのだろうけど
効率が悪いだけでなく、録音自体もさほどいいものにはならない

ここで一つ追加要素を考えてみた
予めメーカーの方で学習レベルに合わせたデータを録音しておいてはどうだろう?
しかも、きちんとした英語が使える声優を使って
…いや、もとい
声優の中で、きちんとした英語を使える人を使って
ちゃんと勉強の手助けになる録音をして欲しいかな

こういう音声教材ってのは、大抵現地語の人を起用しているけど
その録音をするのはその手の大学講師とかだったりして
お世辞にも優れた録音とは言い難い
そこで、本職の出番なわけだ

きちんとした録音で音声単語帳が作ってあれば
それを聴いて勉強する人にとっても、学習効率が上がることと思うし
変な話だけど、消えゆくTV業界をにらんでると
こういう分野が、これからの活路になりそうな気がしたりもする

まぁ、もっとも
最大の問題点は、英語(だけじゃなくてその他の言語類も)のできる声優なんて
果たして、居るのかなぁ…、ってことだったりもするかもしれないけどね

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-01-10 06:28 | 機械話


<< ゲーム話:落ち物パズル全方位系 機械話:SDカードスロット内蔵HDD >>