無駄話:すっぱカラムーチョ

まいど
ぽてち話に花が咲くことの多いこの頃だけど
その花を咲かせることの多い話し相手の人から(何か妙な位置づけだなぁ)
『近くにいる人がたまたまぽてちの話をしていて、カラムーチョからわさビーフへと同じような話をしてる人がいた』
なんて話を聞いた

…いやはや、考えることはみんな同じだなぁ(笑)
もっと高く遠くへと飛び上がる発想を探さないとなぁ
とか思った次第

ところで、同じ人とポケモンのポフィン作りの話にもまた花を咲かせたんだけど
そこでふと思った
ポフィンの味ってば、普通に味の合成がされているかのような表現なんだよね
味に反対の属性という物がないからなのか、味の打ち消しがなくて
例えば、甘いと苦いが同時に味わえるポフィン、なんてのもゲーム上は存在してしまう

…この味の概念って、ぽてちにも、っていうかカラムーチョにも使えないかなぁ?
酸っぱい味のすっぱムーチョと辛い味のカラムーチョのフュージョンで
『すっぱカラムーチョ』だっ!!!!

…神コロ様のような響きを感じるのは、きっと気のせいだろう
あははは…

カラムーチョも美味しいし、すっぱムーチョも美味しいし
このフュージョン、結構いけるんじゃ、…そうかな??

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-01-25 23:36 | 無駄話


<< 無駄話:ホワイトボード机 機械話:凄い勢いで光る靴 >>