無駄話:レンジでちょっと融けるパン包装

まいど
今日はDSのBLEACHの発売日って事で、某ヤの字の電機店に行って買ってきた
前作の、霊符は強制使用で小攻撃の強いキャラがちくちく刺すだけ、なバランスが
今回はどれだけ改善されているんだろうなぁ
…まだやってないけど、心配だ'`,、(´∀`) '`,、

そんで、今日はWX320KとWX321Jの発売日なので
その店で見てみようとWILLCOMコーナーに足を運んでみた
…けれども、影も形もない
モックはおろか、パンフレットも値札さえもない
某Y電機のWILLCOMに対するやる気のなさは、ひどいよ…

やれやれだ

それはともかくとして、今回の話題に移ろう
今回は、コンビニのパンの包装についての話だ

この季節、コンビニでパンを買うと温めてもらうことが多いけれど
温めると包装の袋がぱんぱんに膨れ上がってしまうから
まずははさみで端をちょっと切っておいたり、竹串で穴を空けたりしてから
それでレンジに投入することになる

…んだけど、めんどくさがってそのままな店員さんも割といるんだよね
何とかそれを化学の力で解決できないものかな、と思うのだ

具体的には、袋を閉じているほんの一部だけ特殊な接着剤にしたらどうだろう?
その接着剤は、電子レンジの電磁波にだけ反応をして
レンジでの加熱時にちょっとだけ融けて、それで口が弛むのだ
そうなれば、加熱で膨れ上がった空気や水蒸気はそこから逃げられるから
単にレンジに入れるだけでも破裂したりはしなくなる

要は熱可塑性な樹脂か、融点の低い樹脂を接着剤にして
更にそこに適量の水分を含有させておくことで
電磁波で水分加熱→接着剤の温度上昇→接着剤軟化/融解
となる仕組みができればいいんだよね

まぁ、なくても大して不便ではないけれど
こんな小技があっても面白いかも

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-02-15 23:31 | 無駄話


<< 無駄話:してやられた気持ちの台詞 機械話:着信凹凸 >>