WILLCOM話:スピーカーフォン+α

まいど
今日からWILLCOMでは、ファミリーパックの新割引が始まり
それから通話パックの6000円まで繰り越しやら、解約手続きの安全化とか
一月中に発表された新製品やサービスは、一通り動き始めたようだ

…かと思いきや
一つまだの物があった
それは、松下から出る会議用スピーカーフォンだ

…ていうかこれ
まさか業務用のみで一般販売がない、なんて事はないよね…
この機種、固定回線の置き換えを狙える、極めて重要な物だと思うんだけど

複数人で話せると言うことは、孫ー祖父母での通話需要や
親ー自宅にいる年少者なんかにもとても便利な物になるんじゃないかな
複数人で会話が出来るから、電話を変わる必要がないのが大きい
ある意味、固定回線復権の切り札かと

つまり、個人で話すのは移動体通信
複数人で話すのは、固定回線ていうかスピーカーフォン
って感じで

そして、そのために更に+αとして、対応して欲しい機能がある
それは、他のWILLCOM電話機のクレイドルの役割だ

例えば外でesを使っているとする
家に帰ってきてスピーカーフォンに立てかけると充電が始まり
そこへ電話がかかってきたら、esを取り上げて話すことも出来るし
そのまま立てておけば、スピーカーフォンを通して通話も出来たりするわけ

また、スピーカーフォンを他のWILLCOM電話機の『子機』登録も出来るようにして
携帯型電話機にかかってきた電話を、スピーカーフォンに転送も出来たり
それから、esなどのデータ領域を覗いて、音声や写真をスピーカーフォンの画面で見たり
電話帳の共有や、スピーカーフォンで電話機を経由してのメール等々
据え置き機を移動体の子機とすることで、様々な連携が出来ると思う

それに、こうすることでW-SIMの取り外し/差し替えの面倒さもなくなり
正に固定電話を持ち歩く感覚というか
持ち歩いている電話を固定電話化するというか
固定/携帯の垣根を埋める事になると思うんだよね

FMCで固定と移動体の融合なんて言ってる向きもあるけど
固定回線ごとまとめてWILLCOMにしてしまえばいいわけで
これで、事実上の固定-PHS間定額通話も実現してしまえるかも?
まぁ、強引な論だけどね

てなわけで、スピーカーフォンと他のWILLCOM電話機の連携について
出来るようにして欲しいなぁ、と

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-03-01 23:50 | WILLCOM話


<< 機械話:タッチパネルTV 無駄話:万能調味料ぽてち >>