無駄話:ジョジョの奇妙なひだまりの民

まいど
さっき某所のヨドバシでウィルコムのコーナーを見ていたら
高校生らしき子が母親に付き添われてesの機種変更を申し込んでいた
HBの鉛筆を部ベキッとへし折るくらい当然のような表情でesを手に取る子と
34800円という価格に驚く母親に対比に、文化の違いを感じたよ

つうか、この時点でesに10ヶ月機種変更なんだから
強者だよなぁ…

それはそうと、修理に出していたW-ZERO3も無事に直って復帰
またesとの二台体制に戻れそうだ

ちなみに、故障原因はfpなんとかというケーブルの異常だとか
上筐体(画面側)と下筐体(キーボード側)を繋ぐケーブルなんだけど
これが損傷していたらしくて、交換した模様
軽微な故障だったので、無償修理でちょっと得した気分だ

…電源系統故障→基板交換→☆万円の修理費用
とかだったら嫌だなぁ、と思いつつも覚悟はしていたので、ほっと一安心

さて、前振りとは関係無しに今回の話題を

ひだまりの民という玩具がある
太陽電池で動く、ただゆらゆら揺れているだけの置物人形だ
これを、ジョジョのキャラでやったらどうだろうねぇ…?
あの独特のポーズのフィギュアが、ゆらゆら揺れるのよ

それだけだけどね'`,、(´∀`) '`,、

いや、ぱっと思いつきだけって事で

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-03-07 19:27 | 無駄話


<< 機械話:デジカメ肩載せ ゲーム話:トムキンスの冒険DS... >>