機械話:計量軍手

まいど
先週末はWILLCOMのフォーラム関連で結構盛り上がった感じがする
次世代PHSの通信デモなんかもあったみたいで
技術の進歩をしっかり示して行ってるんだなぁ、と思えた

で、その一方で、通信/PC以外の技術ってば
最近では脚光を浴びる物がないなぁ、とも思う
ちょっと寂しいかも

それはそれとして、今回の話題へ

知人で、キン肉マンの食玩を集めている人がいて
全10種+シークレット1種のうち、8+1種まで重複がなくて
今のところ絶好調の集まり具合だって話を、先週聞いた
そろそろだぶりが来そうで、ちょっと警戒しているっぽかった

その話の中で出たんだけど
例えば箱を振ったり叩いたりして、その音で中身を区別って
食玩のパッケージでも出来たりするんかなぁ…?
一つ箱を買う度に振った音を丹念に調べて、よく覚えていって
次に店頭で買うときは、まだ聞いたことのない音の物を買う、とか

でも、お店で念入りに振って音を聞いていたら怪しそうだ(笑)
そこで、もっと確実な物ってないかな、と考えてみたところ
重さで調べたり出来ないかな、って話にもなった

例えば、手袋とか軍手で、手の平の部分に小型秤を仕込んで
手の平を上に向けてそこに物を載せたら、手首辺りに重さが表示されたり
または、指先部分に指の挟む強さや摩擦を感知できるセンサーでも仕込んで
指で物をつまみ上げると、手の甲の辺りに重さが表示されたり
そんな計量装置があったら面白いと思うんだよね

まぁ、発想の発端は食玩の重さ比べっていう変な話題だけど
家で料理をしたりするには便利かもしれないよね
スパゲティを握るだけで重さが分かっちゃうとか
握った寿司やパン生地の重さが分かるとか
水とか砂糖とかそういうのも、軽くコップやスプーンで持つだけで
さっと重さが分かったりしたら、さぞかし便利だろうなぁ、と

こういうのって、今ある技術で作れたりするんかな?

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-04-15 23:33 | 機械話


<< 無駄話:目薬ゴーグル WILLCOM話:ウィルコム交通 >>