機械話:コピーペン

まいど
昨日ニコニコ動画を初めて利用してみた
有名らしき湯浅プリンスホテルとやらを堪能してきた(笑)
いやぁ、これははまるわいね

ZERO3でいつでもどこでもこれが見られたりしたら
WILLCOMの契約者数は鰻登りなんじゃないか、と思うくらい
…って、4xのW-OAMなら200kbps(実効150kbpsくらいだから)
もう一息のような気もするけど…

とりあえず、家に回線を引けない状態で、10年以上PHS接続でしのいできたけど
こういうものの為には速い回線もいるなぁ、と思った次第
…次世代PHS+それ用ZERO3シリーズ、まだかなぁ(笑)

手のひらにビデオオンデマンド、ていうか動画共有?
これはいいものだ、と思ったり

さて、それはいいものの、ネットカフェで見てきた時に忘れ物をしてしまった
USBケーブル、取りに行かねば…OTL

さてと、今回の話題に移ろう

普段字を書いていて、時々、同じ文字を繰り返して書く必要があったりする
パソコンではコピー&ペーストで済ませてしまうけれど
ペンではそうはいかない
それから、一時的に文章などを覚えておいて別の場所で書く
なんてことも、わりかしあったりする

そんな時、ペンサイズのコピー機があったらいいなぁ、と思うんだよね
マジックペン程度の太さで、文章の書いてある範囲をなぞれて
それを別の所で移動させれば、先ほどなぞった文章を印刷するような
そんな、読み取り・印刷機能を備えたペンがあったらいいなぁ、と

具体的には、ペン先にはスキャンの為のセンサー・発光体
それから、移動距離を測るローラー・プリンタヘッドを搭載して
ペン先を転がすとローラーが座標位置をカウントしながら
スキャナーがデータを読みとっていく
その後に印刷ボタンを押してペン先を転がすと
今度はプリンタヘッドが作動して、読みとったデータを印刷していく

読みとったデータだけでなく、電話機などで打ち込んだ文章や
または写真のデータなども印刷できたら、小型印刷機としても重宝するかな

ZERO3シリーズのサポートアイテムとして、是非実現して欲しいなぁと思う

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-04-22 23:53 | 機械話


<< 無駄話:例えばこんな選挙活動 無駄話:表紙下敷き >>