無駄話:例えばこんな選挙活動

まいど
今日はセブン-イレブンの電子マネー・nanacoの開始日だ
聞くところに寄ると、最初は都内限定から始まって、地方は随時拡大
なんてことらしいけど、実際はどうなんだろう?
これからお店に行って帰るかどうか見てこよう…

それから、今日からW-ZERO3シリーズ用に高速化サービスが加速される
なんてニュースも、公式に発表があった
一応専用ソフトもダウンロードしたけど…
いやはや、今までに高速化を利用してないから、結局使わないかも(笑)

さてと、ここからが本題
統一選挙も昨日で終了して、今日は一通りの開票結果を見られた
…けど…、いつも通り代わり映えしない選挙だったなぁ、と思う
いつものように選挙カーを乗り回して、いつものように古株が当選する
そして勿論、投票率は低下の一途だし…
特に目玉となる政策論争もなかったようだし、目立つ人もいない
ある意味、何の魅力もない選挙だったのかも

そこで思ったこと
例えばこんな選挙活動をやる人がいたら、興味を引くかもしれないかな、と

その1.選挙カーを使わない
ポスターや演説などで、『地域の平穏な生活乱さぬよう、選挙カーは使わない』と名言
事務所の前で電光掲示板を駆使して、主張を見せて
広告の類は全て歩いて手配り、決してうるさくはしない

これを徹底する人がいたら、選挙期間中に気分を害されることも減るし
個人的には大歓迎だ

その2.お金以外の政策を打ち出す
例えば、以前のエントリにも書いた、通信インフラの話
今年から四年の任期とすると、ちょうどこれから次世代通信規格の展開と重なる
4Gや次世代PHSは2009-2010年頃から始めると言われてるからね
だとすると、今回の四年と次の四年はサービス開始期にあたるわけで
緻密なエリア構築のためには自治体の協力は欠かせない

他の市町村に先駆けて、日本一のデータエリアを持つ都市を目指して
光ファイバーやアンテナの敷設に積極的に取り組んでくれると
『田舎だから使いにくい』なんて不便な思いをしなくて済むので
もしも先見の明がある人が万が一いたりするような可能性が
ほんのわずかでもあるなら、期待してみたいけど
…まぁ、無理だと思うけどね

あとは、市民の政治への関心を高めて集めること
それを政策にしてくれても、いいんじゃないかと
選挙演説でも、自分に投票して欲しいとは言わずに
『この街の政治をより良くする為にも、住民全員の投票が必要』
『なんとしても地域で一丸となって投票をして、日本一の投票率100%を実現しよう』
この辺りを主張して歩く人が現れたら、意識が変わると思う

勿論、任期中も、事ある毎に講演をして歩いて
とにかく投票率を高めることに専念する
投票っていう当たり前のことが小学生や幼稚園生にも浸透するよう
人々の意識改革を政策の柱にしていく
政治を良くするには、一番必要だと思うんだよね

てな感じで、次の選挙がどうなるか、四年後こそ期待したいかな

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-04-23 23:59 | 無駄話


<< 無駄話:豆腐餃子 機械話:コピーペン >>