無駄話:検索キーワード屋

まいど
先ほどゲーム屋に寄って、英語版のDS用ポケモンを見てきた
通信すると英語での辞書も見られるようになるという話だから
出来れば欲しいなぁ、と思っていたんだけど…

やっぱりパソコンを買ったりして予定してなかった出費だ痛いから
今回のところは敢えて見逃すことにした
いや、正しくは見送ることにした、かな

…見送ることにした、…みお・くる・ことにした…
…みお・くることに・した…?
そう言えば、こんなずらし読みもあったっけ
『忙しい時もさっと解決』→『忙しい時、もさっと解決』
それじゃぁ駄目じゃん(笑)

閑話休題

では本題へ
最近、特に今年に入ってから頻繁に目にするようになってるのが
TVCMで検索窓とキーワードだけ表示して、クリック・かちっ、って手法
それとは対照的に、昔ながらのURLは表示されなくなってきた
どうやら広告ルールでURLの表示制限時間があるとかで
長い英数字だと長時間表示はまずいけど、短時間では覚えられない
という事で、次第にキーワードだけの表示になってきているんだとか

でもこの手法、『続きはwebで』という態度が多くて
個人的には好みではないんだよね…
15秒なり30秒なりにメッセージを凝縮させるのがCMの醍醐味
だと思うんだけど…

ただ、好みはさておき、この手法はこれからの主流になるんだろうね
その影響で、かつてのドメイン取り合いみたいな事がおきるのかな
なんて気がしているのよ

おそらく今CMで使われているキーワードは
スポンサー企業が検索サイトにも広告費を支払っていて
キーワードの購入なり借り切りなりをしているんだと思うけど
そのうち、使い道が多そうなキーワードを先回りして権利を得ておいて
後で高値で転がすような企業が現れてくるんじゃないかなぁ
と思うんよね

まぁ、商標登録されているような言葉・商品名は大丈夫としても
日常用語とかぶりそうなキーワードは、これから競争が激化するのかな
多分

つうか、そういう言葉を今のうちから探して確保しておいたら
小遣い稼ぎくらいにはなるかなぁ(笑)

まぁ、案外、web広告・検索サイトなんかに寄りかからないで
TVCM一本で進めていく企業が、最後に笑うのかもしれないけどね
更に何となくだけど
力のある所は、短くて単純なCMを出して
堅実な所は、口コミやアフターサービスで宣伝していくけど
空気を読めない所が、くどくどCMを流す
っていう風潮が固まってきたなぁ、って思っているしね

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-05-01 20:37 | 無駄話


<< WILLCOM話:両利き電話ブ... ゲーム話:地球規模テニス >>