WILLCOM話:CM無し包装無し戦略

まいど
最近の携帯電話会社のCMの流れを見ていると
どうも自爆傾向が見えて来てる気がするんだけど
予算が無くなって犬の止め絵だけでしのいでいる所とか
移転ぜろとかいい点ぜろとか揶揄されて、CMを始める意味すらない所とか
よせばいいのに、掟とか言う蛇足をしちゃった所とか

WILLCOMもご多分に漏れず、白い画面に白い文字で意味不明とか
何の情報もない上に自社端末で見られないティザー広告で
古くからのユーザーからめちゃめちゃ失望されていたり…

結局のところ、ユーザーから集めた収益を、ユーザーに嫌がられる為に使っているわけで
『だったらCMなんかせずに値下げしろよ』となっちゃうんだよねぇ

だとすると、CMなんかそもそも打たない方が評判にはいいのかもしれない
WILLCOMがさして宣伝もしてないのに広まっているのは
いやむしろ、『だが、それがいい!!』なのかも…

実のところ、宣伝なんかしなくても電器店では電話コーナーが常設されてるから
それなりに存在証明は出来てると思うんだよね
だから、CMを完全に廃止して、その分を店頭サービスに向けたら
他社と違う存在感を示す方策の一つになるのかも

具体的には、例えばこんな感じ
1.CMを廃止する
2.パンフレットの発行頻度も下げる(WILLCOMは既に隔月だけど…)
3.または毎月使い回す料金パンフレットと、時々作る端末パンフレットに分ける
4.店頭には大きなPOPを用意する
5.端末の化粧箱も併せて廃止する
6.メーカーから店舗へは10台で一箱などと一括納入にする
7.その代わり端末用の小型巾着を一つずつ添付する
8.契約者には端末と小さな説明書を一冊セットで巾着に入れて渡す

巾着に関しては、100円ショップで小さいのが簡単に売れるくらいだから
化粧箱より値が張るってこともないだろうし
大抵は更にメーカーロゴ入りの紙袋に入れるのだから
持ち帰り以外に使える巾着の方が、好ましいと思うのよ
個人的にはね

お店にしてみれば、箱が減って置き場所も楽になるだろうし
お客さんにしても、どうせ受け取ってすぐ使うんだから
箱なんかいらないしね
ていうか、例えばnico.nekoを買った時に猫柄の巾着袋が付いてきたりしたら
単なる紙箱が渡されるよりも、なんぼか可愛らしいと思うし

そんなこんなで
そもそも広告費が少なくて今までもCMを打てなかったWILLCOMは
今後も敢えてCMを避けて、店頭での小物にお金を回して
購入時の満足感をちょっぴり高めるような
そんな独自路線を通って欲しいなぁ、と思ったり

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-05-17 15:50 | WILLCOM話


<< 機械話:多発音体ディスプレイ 無駄話:カップ麺用やかん >>