機械話:多発音体ディスプレイ

まいど
無敵看板娘や太臓もて王サーガが連載を終了してしまったりして
読む漫画が減ってきてるなぁ、と思う昨今なんだけど
先月からにわかに注目して読むようになったのが、金色のガッシュ!だ

少年バトル漫画としても白熱した展開だし
皮肉の聞いたギャグが面白くて、連載終了前に気付いて良かったなぁ、と
ちょうど今、サンデーでの連載ではラスボス(多分)とのエピソードで
一旦戦闘が終わって修行話に移行するタイミングだし
これから最後の物語って感じで、いい所で読めているかな

今回は、仲間のうちで一番戦闘力の低いキャラが取り上げられたりして
ちょっと、JoJoで出たスタンド・サバイバーなんかを思い出した
それと、ドラクエのパルプンテの効果の一つ『世にも恐ろしい魔神』も思い出した

ああいう攻撃力重視な戦闘の漫画だと、精神攻撃って有力だよね
『何だか理由は不明だけどものすごく恐ろしい気分になる』って技があれば
戦闘はそこで積みになる気がするし…
このエピソード、そういう伏線なのかな?

で、そろそろ本題へ移ろう
今回はスピーカーとゲームについての話題だ

以前どこかの会社から発表されていたけど
液晶画面にスピーカーとしての機能も持たせる技術があるらしい
画面上から音が出るから、正面から音が来るようになるし
携帯などに利用すれば、部品が減ってスリム化に貢献するんだとか

これを、大型画面に利用してゲームなどで活用したら面白そうかも
ってのが、今回の話だ

例えば、1インチ四方・100点四方(ていうか100dpi)の
正方形パネルを基本単位にしてみると
縦に6枚・横に8枚で敷き詰めれば、48個の発音点を持つSVGA画面になって
画面上の表示キャラクター位置に伴って、それら48個のいくつかが音を出すことになるのだ

そうすると、キャラクターの位置に一致した所から音が来るので
足の絵から足音がするとか、拳の絵からパンチ音がするとか
臨場感を高めることになるだろうし
タッチパネルと組み合わせれば、触った所から直接音が出たりして
直感的な出力が味わえるんじゃないかな

もっともこれは、TVそのもののシステムに関わるので、現状は無理
今度切り替わるデジタル放送にも、こんな機能はないだろうし
実現するとしたら、ディスプレイ込みの据え置きゲーム機か
ノートパソコンやDSなどのようなモバイル娯楽機に期待するばかりだ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-05-18 20:14 | 機械話


<< 無駄話:腹時計トレーニング WILLCOM話:CM無し包装... >>