機械話:頭もみもみ帽子

まいど
春眠暁を覚えず、なんて言う言葉もあるし、五月病なんてのもあるけど
春先はどうしてもぽかぽか陽気で眠くなったりするし
他にやることが多くあって、勉強に手が着かないことも多いと思う

眠気を簡単に払って集中力を高める助けになるような
便利アイテムがあったらいいなぁ、と常々思うのだけれど
ちょっと解決できそうな気がしなくもない物を思い付いたので
今回は、それをねたにしてみることにする

眠い時に誰かに肩や首・頭などを揉んでもらったりすると
眠気がすっと引いていく事が、割とある
それが不思議なことに、自分でマッサージしても効かない事が多い
それって、自分の予想とは違うリズムで揉むのがいいのかな
なんて思うんだけど

それを、ターバンのような帽子にモーターを仕込んで
ランダムに頭の上を揉んでくれるような装置で
実現できないものかな、と思ったのだ

小型モーターに柔らかい羽のような物を付けて
帽子の内側にたくさん並べておいて、コンピューターで制御
モーターが動くと、そこの羽が頭を布越しに撫でてくれるのだ
そういうモーターがランダムにあちこちで動けば
頭のいろいろな部分をもみもみすることが出来て
血行も良くなり眠気も醒めるんじゃないかなぁ…

勉強だけじゃなくて、長時間の運転などにも使えるし
こんなちょっと変な帽子
でも意外と役に立つかも?

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-05-25 23:49 | 機械話


<< 無駄話:冷やし焼きそば ゲーム話:電子マネーとモンスタ... >>