機械話:体温計電話

まいど
今日は6.26、露天風呂の日なんだとか
誰が考えたのか、よく思い付くもんだねぇ…
とはいえ、先週の一件もあって、今はいろいろと大変な時期なんだろうなぁ
あの手の業界は

それから、今日はドSの予約の、予約受付日
申し込んでおけば、予約をすんなり出来るようになる権
が手に入るかも…、って話
なんだけど
9時の受付開始から10分と経たず(ていうか5,6分?)に
予定数に達して終了した模様

…いやぁ、これって、単体用の台数なんて確保できるはずがない、って事?
無印の予約戦争の頃から、進歩無し??
セッション様降臨がなかっただけ、ましって事?
…何だかなぁ…

これは早くも、年末か年度末に来る可能性が無きにしもあらずな
無印W-ZERO3後継機の入手も、暗雲が立ちこめているような…
こういう時頼りになるのは、やっぱり地元の提携店なのかもね
大手量販店は新規優先だし
久しぶりに無印を買ったお店に聞いてみようかな

さてと、そんなこんなでそろそろ本題へ
今回は電話機の事で書いてみようかなと

基本的に普段から肌身離さず持ち歩く携帯型端末
これから更に余計な機能を追加するとしたら
どんな物がいけるだろう?

今回考えてみたのは、温度計を搭載する場合の利用法だ

まずは一番基本的な使い道として、体温計かな
ポケットに入れておいたりすると常に温度を監視し続けて
取り出してサイドキーなどのボタンを押すと
サブディスプレイにその時の体温を表示するのだ

そして、その体温データは長期に渡って蓄積・集計を続けるようにして
専用のアプリを使えば、毎日の体温の推移を調べることが出来るようにする
そのデータを元に、簡単な健康アドバイスが見られると良いなぁ

その外に、温度計としての利用もありかな
単に外気温を測ることはもちろん
アンテナ部をセンサーにしておけば、そこを対象物にくっつけて
細かい物についても測れると便利だと思う
例えば、コーヒーカップにアンテナを付けて、温度測定をして
『うむ、適温だ』とかね

あとは、そうさねぇ…
移動体の端末であることから、GPSや基地局による位置情報と連動して
日本全土の精密な温度分布図を作ったりも出来ると思う
これは個人としての利用価値はあまりないだろうけど
ヒートアイランド現象の研究などの学術的用途に使えそうだ

単に体温計と温度計だけでも便利じゃんね、ってことで
こんな無駄機能も搭載してみたらどうだろう

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-06-26 18:49 | 機械話


<< 無駄話:500円洗髪店 WILLCOM話:ゲーム特化型... >>