機械話:四角柱電話機

まいど
今日から3日間はワイヤレスジャパン2007
強力な新機種であるnaniの姿も明らかになったし
次世代PHSも着実に開発が進んでいる様子が発表されたり
ALTELのUSBモデムアダプターであるAS001のモニターも配られたり
いろいろな動きが見えてきた

今日は思いがけず一日時間が空いたから
思い切って行っておけば良かったかなぁ、なんて思ったから
明日もしかしたら行ってしまうかも?
いや、まだ決めてないけど
行ったら行ったでドSを買っちゃって来そうな予感も…

何かとお金のかかる時期だし、危険危険!

まぁ、でも、今回のワイヤレスジャパン
WILLCOMブース以外で注目する物はないから
ほとんど、AS001のモニター狙いっていうか
買いに行くだけみたいな気がしなくもないかも
…それなら、20日に行って更にピカチュウDSも買ってきたり
…ウヌゥ、どうしようかな…

そこら辺の決断は放っておいて、今回の話題へ行ってみよう
前々回のように、今回も電話機の形の話を
スリム化・小型化を突き詰めると、どういう形があるかな、って話

まず、端末を小型化する上で、制約になる物はなんだろう
大きく3つ、液晶画面・入力キー・バッテリーかなと思うんだけど
今回は入力キーに主眼を置いて考えてみた

それは、テンキーや十字キー・機能キーの配置の関係で
どうしても横3キー以上・縦6キー以上が必要っぽい感じになっていて
これが非常に邪魔っけな気もするのだ

そこで、そういうキーを側面に逃がしてしまったらいいんじゃないかな?
筐体は25mmX25mmX50mmくらいにして
ちょうど乾電池を持ったら電話機になる、って風情
でもこうするとキーを配置する場所はもちろん無くなるから
手前に横2キー・左右側面にそれぞれ横2キーずつを配置
十字キーを手前面・左右面には機能キーを
それで大体下半分25mmから30mm程度を占有

残り上部20mm程度の範囲は左右側面と繋がっている画面で
必要とあらば左右から画面を起こして、縦幅20mm横幅最大75mm
なんていう風にするのだ

展開図っぽく考えると
[左側][手前][右側]
### ### ### ←画面
### ### ### ←画面
### ### ### ←画面
機能   ↑  機能
文字  ←◎→ クリア
発話   ↓  終話
01   23   45
*6   78   9#

みたいな配置かな

んでバッテリーが単三乾電池とかで行ければ
小型で使い回しの便利な電話機になったりしないかなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-07-19 00:01 | 機械話


<< 機械話:アンテナペン WILLCOM話:型録分離策 >>