機械話:Felicaで宝探し

まいど
ちょっと前に見たニュースなのだけれども、7-11のnanacoが大繁盛らしい
発行枚数はEdyよりもまだまだ少ないとは言え、使える店舗がとても多い
EdyやSuicaだと、『このお店では使えるのかどうか不明』って事も多くて
結局は店にさえ入らなかったりするしね

nanacoは開始前に、後発だし7-11でしか使えないから弱い
という話も出ていて、不安視する声も多かったと聞くけれど
ふたを開けてみれば、むしろ、『確実に7-11で使える』という所が
大きな強みになった格好だと思う

何にでも使える物が、一つしかできない物に負けるというのは
パソコンやゲーム機に負けたり、PDAが携帯電話に負けたり
キャプテンシステムがまともに普及すらしなかったり、ってのと
共通するような事項なのかもね

ってな事を考えていると、何か一つ特化事項があると売りが分かりやすくて
使う方も気楽に手を出せるようになるんだよなぁ、って部分に行き着きそうだ
最近の例では、(いろんなゲームは出来るけど)体を使うゲームに特化したWiiとか
タッチパネルのゲームに特化したDSなんかもその一例かな

ってな所から、『買い物』に特化しているはずなのに普及がいまいちなおサイフケータイ
これにどんな特化事項が付けられるかなぁ、とか考えてみた

まず思い出したのが、auの新機能TouchMessengerだ
(…って名前で合っていたかな…?)
二台の携帯電話に通信情報を設定しておいて、電話機を接触させると
お互いにデータの交換をすることが出来るという
電子名刺交換のような機能だ
ここで、Felicaの情報チップが搭載されていることよりも注目したい事があった
それは、読み取り機能を搭載している部分だ

規格上、読みとりに対応した、っていうか情報を公開しているチップなら
携帯電話上で情報を読み取る事ができるわけで
これを利用すると、様々な所に情報を潜ませることが出来るんじゃないかな
なんて思うんだよね

例えば電車に乗っているとする
そこで電車の車両そのものに携帯電話をかざしてみる
すると、そこに車両情報が登録されていて、そこから運行時間が読み取れて
その電車の行き先や到着予定時刻が分かってしまう、とか

例えば雑誌を読んでいて、素敵な服を見付けたりした時
その服の写真に携帯電話をかざしてみると
写真の付近にチップが埋め込まれていて、そこに服のモデリングデータが置かれていれば
それを携帯電話上に読み込んで、いろいろいじったりも出来たり

例えばアトラクションなどで使えば
施設の壁などの至る所にチップを埋め込んでおいて、様々な情報を隠しておき
参加者は携帯電話で部屋中の至る所を検索して情報を広い集めたりする
そんな宝探しもできるかもしれない

身の回りの有りとあらゆる物に
『目で見て日常的に捉えている表の情報』のほかに
『Felicaの目を通してみる陰の情報』が隠れて重なっている
っていう、隠し情報の世界を作っていくと
広告やらを積極的に見て探す楽しみも出てくるんじゃないかな

…そういえば、星新一氏のショートショートに似ている話があったかも
幸運のベル、とか言ったかな、多分
世の中のあらゆる物に、大金のもらえる仕掛けが施されている可能性があって
それが発する信号を、家に取り付けた判定機が受け取るとベルが鳴って
そして大金持ちになれる、なんて下敷きがあって
でも主人公は、ベルそのものが当たりだったから気付かなかった
みたいなお話

このFelicaで宝探しなシステムを使えば、実現できるかもね
そして、幸せはすぐそばに有った事に人は気付く、と
…(; _;)イイハナシダナ…

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-07-22 12:46 | 機械話


<< 機械話:ひんやりカーペット WILLCOM話:料金プラン1... >>