WILLCOM話:オンラインボイスレコーダー

まいど
WILLCOM系のファンサイトでは前々から話題になっていたけど
TBSで今朝7:30より放映された『がっちりマンデー』を見てみた
今回はWILLCOMの社長が出ていたからね

…まぁ、内容に関しては古くからの愛好家なら百も承知の事だけど
マニアじゃない人が見るには分かりやすくて感触の良い番組かな、と思った
アンテナを大量に建てているので電波に余裕があって通話定額が可能な事も
マイクロセルって言葉を使わずに丁寧に説明していたし
マニアじゃない人向けには初めてのまともなPRだったような気もする(笑)

その他としても、W-ZERO3シリーズが法人にめちゃくちゃ売れてる事になったし
社長がマツケン似な事も、TVで公認みたいな勢いだったし
非WILLCOMユーザーで番組を見た人には良い宣伝になったんじゃないかな

きっと、年輩の人よりも、たまたま見た10代なんかに訴求するかもね

ところで、そのWILLCOMからの最近の発表であったメールBOX拡大
同業他社が『基本料いきなり半額』の発表に躍起になっている昨今
サービスの拡充の方向に動いているのは良い傾向だな、と思う
元々メール系の機能は優れていたWILLCOMなので
より利便性が高まるのを期待している

…願わくば、時間指定送信の復活とかもね…

他社が次第に価格の領域に手を着けてきた状況を見ると
定額プランのようなWILLCOM独自のサービスが
これからもっと出てくると良いなぁ、と思いつつ
このメール拡充にちなんで少し考えてみた

メール拡充と言うよりは、個人のサーバー領域拡大で思ったのだけど
定額プランで長くしゃべっている内容を、サーバーに録音できないものかな?
音声通話のデータは端末から基地局に至って、サーバー経由で動くんだろうから
そのデータをサーバーに残せるようになったら良いなぁ、と思うのよ

音声は32kbpsのデータ速度だから、1秒で4KB
1日では86400倍して345600KB、およそ340MBかな
1ヶ月では30倍して10200MB、およそ10GB
うむ、意外と少ないかもしれない
これなら、月額500から1000円程度のオプション料金で
通話管理が出来るかなと思うんだけど…

もっとも一日24時間しゃべりっぱなしってことは無いだろうから
1GBのデータオプションを315円位でも良いかな
これなら1日あたり2時間24分程度って事になって、ちょうど良い気がする
それ以降は100MB(およそ6時間分)毎に10円の従量制にして
1050円が上限額ってな感じで

そして、電話番号にボイスレコーダーへのアクセスオプションを付ければ
共有型のボイスメモのように使う事も考えられるし
AirConferenceとかと組めば、議事録のオンライン管理って線もある
更に、追加オプションでDVD-ROMに1ヶ月分のログを焼いて送付
なんてのがあっても面白いかな

せっかく音声定額や高音質を売りにしてるわけだし
こんなサーバー経由サービスもあると良いかも
ていうか、留守電サービスよりももっと便利なサービスだと思うんだけどなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-07-29 22:51 | WILLCOM話


<< 機械話:QRコードで家計簿 無駄話:背中ざらざらTシャツ >>