無駄話:偉人Tシャツ

まいど
先週の大掃除も何とか落ち着いたし、今週も何とかペースが見えてきた
自分の勉強も新たに始めていく方向になりだしたし
これから8月は仕事がどんどん減る反面(ていうかほとんどなくなったし)
個人的な動きはもっと忙しくなっていきそうだ

とりあえずは、15年振りに大学でも受けてみようかな、というのが目標で
歴史なんかは大忙しで勉強しなきゃなぁ
…少なくとも数学くらいは見た瞬間で大体分かるのが
まぁ、せめてもの強みかも'`,、(´∀`) '`,、

それはそうと、今日は久々に○マダ電機に行っていろいろ見てきた
ボイスレコーダー機能が高性能だっていうから、サンヨーの機種を見てみたけど
お目当てのW51SAは既に姿を消していた
この春のモデルだって言うのに、あそこのキャリアは回転が速いというか
新機種の陳腐化が早いなぁ…

デジカメコーナーを見てみたら、何故か異様に安くなっていた
前々から興味のあったCASIOのEXILIM Hi-ZOOM EX-V7が
34800円にポイント23%か現金値引き27800円だとか
大手カメラ店では29800円にポイント付、なんて話も見るから
そろそろ底値なのかなぁ…

RICOHのCaplioR6も35500円のポイント15%とかなっていたし
お盆明けにR7の発表も噂されているこの時期
こっちも割と良い頃合いな感じだ

その他、特に興味のない各社の600万画素・光学3倍ズーム機なんか
軒並み2万円を切っていたりして、有る意味デジカメもぎりぎりなのかな
なんて思ったりもした

いくら安くてもねぇ…
個人的にはRICOHのように凄いズームやマクロみたいなこだわりがないと
面白味が足りないんだよねぇ
やっぱり写真を撮る以上は、良いレンズでがっちり撮って
そして綺麗な写真を残したいもんね

さて、久々なんで前振りが長くなったけど、そろそろ本題へ
今回は、歴史の勉強にちなんだ物を考えてみた

歴史の勉強で厄介だと思う物の一つに、人物の顔と名前があると思う
日本人の名付けルールが世界的には特殊なんだろうけども
世界各地の歴史上の人物名は、何だかおんなじようなのばかりで
覚えてもいまいち記憶に残らない

それなのに、顔の絵や写真を見せられて
『これは誰か』なんて言われても、ちょっと、ねぇ…
知らないって'`,、(´∀`) '`,、

何かこう、強烈な印象を残すような物を経由しないと
なかなか覚えられないよなぁ、と思ったんで、対策を考えてみたわけだ

そこで思い付いたのが、Tシャツだ
表に大きく歴史上の人物の肖像画/写真を載せて
その下に、名前を現地語・カナで表記する
そして、裏にその人の成した歴史的出来事や著作名なんかを書くのだ

これは数多くの人物について作って、みんなして着て歩けば
町中で人に会うたびに、『お、今日はマツk…、いや徳川吉宗かぁ』
背中を見ては、『幕府の財政再建…、目安箱かぁ』なんて
他人の背中を見ながら勉強が出来るようになるわけだ

学校でみんなが着るようになれば
『2組の山田って知ってるか?』
『うん、いつも聖徳太子を着ている奴だろ。うまやん、って呼ばれてるよな』
なんていう風に、気軽に覚えられること請け合いだ

…これ、ブームが来るんじゃないかな!?
ブームが来る!ブームが来ると言えッ!!(笑)

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-08-07 23:55 | 無駄話


<< 無駄話:配線図マットレス 機械話:QRコードで家計簿 >>