無駄話:ミニ鉢植えストラップ

まいど
やっとこコミケも終わり、コミケ申し込みも終わり、暑い日々も一段落
夏休みの終わりも影がちらつき始めたりして、家での勉強もゆるくなんてきた感じ
…コミケまでの反動もあって週の初めはぶっ倒れていたり
なかなか計画通りにはいかないもんだ
esを常に手元に置いていても、ブログの更新が進まないあたり
さぼり過ぎなのかもしれないけどね…

ていうか、古文の本を読みつつ勉強をしながらesを使えるような
マルチウィンドウの文章閲覧/入力同時支援システムとかないかなぁ
久々という事もあるけど、古文の勉強は億劫でならない
…学問に王道なし、なんて数千年前の名言だけど、なかなかねぇ…

ああ、それから一応デジカメの話も書いておこうかな
結局のところ根っからのCaplioユーザー気質が発動してしまい
R5Jを29800円+18%ポイントで入手ッ!
買いに行った時にレジカウンターを見てみたら
EX-V7のタイムサービス23800円なんてPOP残骸もあり心揺れたけど
やっぱり広角・ズーム・マクロと3点揃っているから手放せない

EX-V7は、後継機が出て更に値下がりするタイミングを見て
動画専用機として手を出してみようかな…
今使っているCOOLPIX S5と使い方が被りそうな気もするけど
それはのんびり考慮するとして'`,、(´∀`) '`,、

前振りをもう一つ、しばらくダウンしてたせいで話題が溜まってるもんで(笑)
最近、同年代やそれ以上の人の行動を見ていて、思い浮かぶ諺がある
『什馬を殺して狐狸を得る』(多分字はあってる、…といいなぁ)というのだけど
狐や狸などのつまらない獲物を捕るために戦馬を無駄遣いするという意味で
ちょうど近日始まった(または開始予定の)携帯電話の基本料半額なんて
まさにそれだなぁ、と思いながら眺めている

と、そうしたら、昨日の週刊少年チャンピオンのイカ娘で
それと対にできそうな言葉が出ていた
『鹿を追って山を見ず』という諺で、意味は
目先の利益に捕らわれて周囲が見えなくなる、って事らしい

どちらも視野の狭さを戒める感じがするけど、少し差もあると思う
若輩者は鹿を追っても、山を見ずだけで止まる感じがするんだけど
歳をとって意固地になると、そのまま戦馬を殺すまで続けて
というか、戦馬を殺しても引き下がれずに進み続けるっていうか
それでも、たとえ狐狸でも得られれば御の字で、大抵は取り逃がし
尚且つ平気で『今は本気を隠している』とか言っているような
何かそんな印象がある

そうならないように、常に周囲を見渡し続けないとね…

さて、前振りだけでもうめんどくなりつつあるけど、そろそろ本題へ
今回の話は、身に付ける都市緑化、みたいな所から出たものだ

先週は史上稀に見る猛暑日続きだったわけだけど
なかなかナイスなタイミングで、緑化で都市を冷やす、みたいな番組があった
街並みの中を流れる風の道を把握して、そこを緑化していくと
緑の効果で気温を3℃程度下げる事ができるんだとか

てな話を先週知人としていたところ
『緑はいいよね。見て心が安らぐ以外に、そんな効果もあるんだね。』
なんて流れに

…あれ?もしかして、緑化ものってば
都市工学や環境科学の観点以外にも、鑑賞って利用が昔からあったじゃないか、と
普段から持ち歩けるようにしたら、複合的に役立つかも?
なんて思った次第

というわけで、その観点で緑のアクセサリーを考えてみた

3-5cm四方程度の植木鉢に、5-15cm程度の植物を植えて
鉢全体を、水は取り込めて空気は出入り自由、土は移動不可能な素材で密閉
それをストラップとして小型の水やり器(ていうか注射器?)とセットにしたら
鞄や携帯電話(え?)に装着して持ち運べるアクセサリーにできるんじゃないかな

んで、それを持っていると、その周囲の空気は常に少々浄化され続けて
暑い所でもちょっとずつ気温の抑制に役立ったり…
するかなぁ、どうだろう…
すると信じて持ち続けるのも、粋ってもんだと思ったりもするけどねヽ(*´ ∇`)ノ

まぁ、小難しい効果はともかくとして
小さいながらも植木鉢をアクセサリーとしてぶら下げてるストラップなんて
インパクトは抜群だと思うんだよね
そういった意味でもちょっと持ってみたいかな

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-08-24 14:15 | 無駄話


<< WILLCOM話:期間変動型端... 無駄話:配線図マットレス >>