ゲーム話:ポケモンで暗記物

まいど
昨日はWILLCOMから新機種のWX320KRが発表されて
それと新色のWS011SHブラウニーブラックが追加された
…常に003や004の大型系ZERO3の新機種だけを待ち望んでいるので
正直、ふーん、だけで終わったけどね'`,、(´∀`) '`,、

料金をやたらと気にする人達が集まりやすいWILLCOMの性質上
やっぱり、320Kや320Tの路線で機種の充実が求められるんだろうけど
何ともマイナーアップデート感が強く感じられる

まぁねぇ、**色展開とかデザイン組み換え**億通りとかいうのも
結局中身は開発しないで外の枠だけで水増ししている訳だから
デジモノの多くはこういう路線をとる時代になってきたのかな
とも思うんだけどね

デジカメなんかもそうかな
今日、RICOHからCaplioR6の後継機であるR7が
CASIOからEXLIM EX-V7の後継機であるEX-V8が
それぞれほぼ同時に発表された
どちらも、発表された情報を見る限りでは先代とあまり変わらず
ファームウェア更新レベルの微妙な違いな印象を受けた
…これまでの機種をしつこく眺めてると、面白味が薄いっていうのかな…

つうかたまたまなんだけども
R6もEX-V7現在同時期に欲しくなっていて調べていた機種で
R6のレンズの評判があんまり芳しくないところからR5Jを買ったばかりで
今日は安くなって来てればEX-V7を買おうかな、と思って見に来たから
いいタイミングの新機種発表だし、マイナーチェンジなのは微妙に安心なんだけどね(笑)

欲を言えばレンズのF値が2.4位から4.2程度のコンデジが出るといいんだけど
こればっかりは、無機化学の廃れ気味な現代では難しいんだろうなぁ
この辺は電子工学系ではなくて、材料設計系の化学者の領域だからね…

そんなこんなであちこちお店を梯子しつつ探っているのだけど
一通り見た感じでは、EX-V7は1GBのメモリーカードセットで28000円てのが
お得感も大きいし手頃な感じなのかなぁ…

で、デジカメの話をずるずる書くのはこのくらいにして
そろそろ本題に移ることにしようかな
今回は、一風変わったポケモンの楽しみ方、というか利用の仕方の話だ

ポケモンを捕まえた時の名前の付け方なんだけど
後で見た時でも捕獲順が分かって管理しやすいように
初代の頃から頭文字に順序を決めて名前を付けている

最初は直に数字を書いて管理していたのだけど
ルビー・サファイアなどのGBA世代からは頭文字をあいうえお順にするようにしてみた
1体目は"あおまるん"、2体目は"いむぱるす"のような感じで
頭文字で順序が分かるようにしつつ、種別のイメージもあうようにね

ただ、そのルールでの名付けもねたが尽きてきて
今やっている英語版のダイヤモンドでは、また新たなルールを決めてみた
それが、いろいろ応用が利きそうなんで、やっとこ、本題に(笑)

そのルールでは、元素の周期表にしたがって名前をつけているのだ
ソフトが英語版なんで、もちろん名前も英語でね
Hydrogen,Helium,Lithium…みたいに

金属元素の正確な順序とかは覚えていなかったし
マイナー元素も英語名は把握していなかったから
こうやって名前を付けることで徐々に覚え直していく感覚が
何とも楽しかったりするのだ

んで、応用としては、年号や国名を付けてみるとか、歴代王朝名を付けてみるとか
歴史上の人物名を付けてみるとか、歴代首相の名前にするとか
とにかく順序を覚えたい物事をポケモンの名前にすることで
覚えやすくなるんじゃないかなぁ、と思ったりしている次第

冗談抜きで、結構いい勉強になっちゃうよ(笑)

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-08-28 19:55 | ゲーム話


<< 機械話:電子辞書にタッチパネル... WILLCOM話:期間変動型端... >>