機械話:電子辞書にタッチパネルとデジカメ

まいど
一昨日後継機の発表されたCASIOのEX-V7だけど
その後相場を調べてみると、何だかぐっと値上がりしてるっぽい
一昨日の28000円で手を出しておけば良かったのかなぁ
と、ちらりと思ったりして…
動画しか目的がないから、焦って買うほどではないんだけどね…
ううむ

ところで、電器屋を見て回る時に、最近よくチェックするコーナーがある
電子辞書のコーナーなんだけど、何とも停滞感を覚えるんだよね
身の回りで電子辞書を使っている人は多いけど、キーボードが苦手な人も多くて
仕方ないから使うけど、正直使いにくい、って話も割と耳にする
…使い易いってのは、DS楽引き辞典くらいなもんだ…

確かに、今年度の流行りなのか、手書き入力機種も増えているけど
小さな書き込み領域で、小さな枠が二つほど
んでもって操作は結局キーボードメインなのだから、大して使いやすくないみたい…

これはいっそのこと、全面タッチパネルでかつ折りたたみ(つまり2画面)にして
書くのもどこでもOKで、操作も画面タッチを基本にして
単語を触れば即検索、くらいな使いやすさを実現して欲しいなぁ
なんて思う

ところで、一昨日デジカメを見て回っていて、一つ気になる物があった
PENTAXのOptioT30というモデルなのだけども
3型の液晶でタッチパネルになっていて、書き込み・描き込みができるのだ
…一応W-ZERO3でもできるけど、デジカメ機能が異次元だから
ちょっと比較にはならないよね…(笑)

この辺りから連携して、電子辞書にデジカメを搭載したら
もっといろいろ新しい使い勝手が生まれると思うんだよね
例えば、文字認識&即時検索撮影機能、なんてどうだろう?
デジカメ機能で写真を撮ると、自動でその中にある文字を認識
それを電子辞書側で調べて、自動的に画像にレイヤーを一枚かぶせて
そのレイヤーの、下地の文字に隣接する形式で意味を表記するのだ

具体的いうと、英語で書かれた書籍を撮影すると言う場合
まず普通に書籍が写真として映像を取り込まれる
そうしたら、OCR機能が働いて映像から文字を抽出する
それから辞書内の意味の活字が電子辞書機能で検索され
元の文字を取り込んだ座標を基準に、元の文字のそばにそれを表示
使い手から見ると、写真内の文字にふりがなが振られるように
単語の逐語訳が出てくるわけだ

そして、それを更にタッチパネルと組み合わせるともっといろいろできるかな
単純に黒板などを撮影して、そこに手書きでメモをすることで
ノートを取る代わりに写真を撮ってノートにできるようになるし
…ちなみに、ほぼ1ヶ月前の3/29に似てる話をしてるし(笑)
あのときもデジカメ新製品発表時点で、何かパターンになってるかな…

それから、黒板を撮影→電子辞書で検索→出来たレイヤーを編集
っていう使い方が出来ると、応用性もかなり高まると思う
タッチパネルでスライドさせて意味情報の位置を変えたり
その意味情報に自分なりのコメントを書き加えたり
続けて関連のある言葉を連鎖的に調べて付記したりもできるかも

てな感じでいろいろ出来そうなんで
電子辞書+5インチ位のタッチパネル+300万画素35mmから105mmのデジカメ
あたりをセットにしたシステムが出てくるといいなぁ

…って、良く考えてみると
電子辞書+タッチパネル+デジカメって組み合わせは
WS004SHとWS011SHで既に装備しているんだよね
しかもWS011SHでは名刺リーダーもあるからOCR機能も対応済みだし
一番近いシステムはW-ZERO3なのかもね

003や004の後継機では、屈曲式光学系のレンズを積めば
この辺は全て実現できそうな気がするなぁ
『デジカメで撮影するだけで自動的に辞書で調べられる!』
ってだけでかなり凄い機能だとアピールできそうな気がするし
大きな顔して学生の市場に乗り込めるんじゃなかろうか?

ワープロ機能・どこでもインターネット・便利な辞書検索機能・デジタルノート管理
そしてもちろんWILLCOM自体の通話定額サービスもあるわけだから
黒板を撮影してノートを作って、それをメールで友達に送って
その画面を見ながら電話で授業の話をしつつ勉強、とか宣伝すれば
親の財布を弛めるには強力な売りになると思うなぁ

学習系端末は早い者勝ちだしね
電子辞書にデジカメにとセットで来ると、SHARPよりCASIOの方がいいのかな?
EX-V7は屈曲式光学系を持ってるし、斜め補正もできるし
電子辞書でもかなりのノウハウを持っているし、モバイルにも長い歴史を持ってるし

おお、妄想だけど、何だかワクワクしてきたぞ(笑)

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-08-31 00:26 | 機械話


<< ゲーム話:金色のガッシュ!DS ゲーム話:ポケモンで暗記物 >>