機械話:レイヤーメール

まいど
昨日帰宅したら、コミケの落選通知が届いていた
ここのところ3回連続で通っていたから、まぁ、そろそろ仕方ないのかな
参加しているジャンルは毎回3チームしか参加していない漫画作品で
こんな零細ジャンルでも振り落とされるんだなぁ、と変な感心をしたけど
よくよく考えてみれば、その漫画も今年の春に連載が終わってしまったし
アニメも去年の夏に1クールやっただけで続編とかはなかったし
でもって、その作者の新作も、夏頃という予告の割に動きなしだし
やっぱり仕方ないのかな…

残念

昨日からドSのアカデミックパックが発売されたけど
こっちはいきなりクライマックスな売れ行きみたいだ
あちこち覗いて情報を探ってみると、5000台限定ってことらしく
オンラインのウィルコムストアでは早くも在庫無しになった色もあるとか
実店舗でも元々在庫はそれほど多くないらしく
あっという間に無くなって行ってるような感じだ

学生対象という事で、現ユーザー大概は親の名義で契約しているようで
名義変更をして何とか買おうとしている人もたくさんいる模様
中には手続きに2週間ばかりかかると言われた人もいて
もはや間に合わないんじゃないかな、とも思える状況だ

…つうか、5000台ってのは少ないよねぇ
何となくだけど、既存ユーザーの買い替えだけでほとんどが売れて
新規ユーザー獲得には何の効果も無いんじゃないかという予感が…
だって、これを11/5前に知って情報を調べてるのって
既存ユーザーのマニア層だけでしょ、多分
それでもって、0時になった瞬間に突入するなんて、黙っていても買う人たちでしょ

新規の人は店頭で初めて知って、興味を示して聞いたとしても
「アカデミックパックで安いんですか、欲しいなぁ」
『すいません、売り切れです』
「え?今日発売なんじゃ?」
『でももう売り切れておしまいです』
「次はいつ入荷しますか?」
『台数限定なんで、次はありません』
「ええええぇぇぇぇ~」
なんだろうなぁ、きっと

何かねぇ、初代W-ZERO3の予約戦争よりも、激しい争奪戦な感じが…
せめて年内は毎週出荷するくらい気合を入れれば、もっと売れるのに

だって、学生は大変だよ
欲しいなぁと思っても、スポンサーである親を説得しなきゃならないし
人によっては名義変更もしなきゃならないしで
思い立ってすぐに買うのは難しいはずなんだよね
実店舗で買うなら、親同伴で行く必要もあるだろうしね…
今の条件では、大学3,4年生だけのものすごく限られた層しか買えないんじゃ…

てなことから、ウィルコムにはもっと粘って再出荷を繰り返して欲しいと思う次第
あと、ついでに、同梱のランチャーアプリなんかは公式サイトで配って欲しいと思うのよ
これから通常版を買う人にとっても、ああいうのは必要だしね

…てか、この時期に出すの自体、タイミング悪いよね
メールサービスの拡充のために、11月中はサーバー更新を繰り返してるんだから
それが終わってから12月に発売にして、最初から絵文字とかに対応で売れば
もっともっと数を出せるのに…

相も変わらず商売が下手だわ

さてと、そろそろ本題へ移ろうかな
今回はメール機能絡みで、こんな追加機能があったらいいかな
というものをちょこっと考えてみた

いきなり話は飛ぶけど、グラフィックソフトにはレイヤー編集の機能があるよね
透明のフィルムに絵を描いて、それを重ねるように絵を扱える機能だ
例えば、一番下に人物の輪郭だけのレイヤーを置いておいて
その上に肌色の塗りだけをするレイヤーを置いて
その上に髪の毛やら服やらのレイヤー、効果のレイヤー、アクセサリのレイヤーなど
重ねて一つの絵になるけど、作業は別々にやれる便利な機能だ

これを、メール機能にも取り入れてみたら面白いんじゃないかな…?

他社の端末を使ったことがないので、既に実用化されてるとあれだけど
一応最大手のユーザーに聞いたら、こういうのは使った事ないって話だし
まぁ、いいのかな

具体的には、こんな使い方を想定してみた

①メールに線を引いたりマーキングしたり
本文の上のレイヤーに赤で『====』などと書いたレイヤーを載せれば
文章の一部を打ち消したような表現に使えるし
『____』と書けば下線での強調、『■■■■』と書けばマーキング
『○』を書けば丸入り文字も作れる事になる

②サイズを変えての重ね文字
下のレイヤーを太字にして、上のレイヤーに色違いの同じ文字を載せれば
重ねると中抜き文字にしたりできるかな
または、通常書体と斜体を重ねての微妙な立体的効果とか
フォントサイズを変えて文字を交えれば、AAにも面白そうだ

③段組を微妙にずらしての挟みこみ
レイヤー毎に行の幅を変えることができたり
または、行の位置を1/2段ずらし・1/3段ずらしなどできたり
といった機能を入れれば、行間に書き込む事もできる
これによって、ルビを振ったり注釈を挟み込んだりもできるかな
それから、数式で分数・指数・対数・積分なんかの表記にも使えたり
添え字付きの文字にも対応できると思う
化学や物理の記述にも使えるかも

④スクリプトレイヤーの導入
スクリプトといっても別に大した機能は必要ではなくて
とりあえず画面に表示されないレイヤーを用意して
その位置が画面に表示される時に発動するスクリプトを埋め込んで
画面をスクロールさせて、ある文面が読まれる時に何か動作をさせるようにするのだ
例えば、ある文字は画面中央に来た時だけ拡大されるとか
時間差で後から表示されるとか、色が変わって点滅するとか
それから、midiのmmlを埋め込んでおくと、画面に入った時に軽く音がなるとか
あらかじめ定義された効果音を鳴らすんでもいいかな
あとは、目次機能も付けられるね
目次からのジャンプ先になるタグを埋め込んでおけば
メール内でそのタグへジャンプできるようになるわけだ
長文メールでいろいろ参照情報を入れたい時に重宝すると思う

⑤サブウィンドウレイヤー
普段使い慣れているメールは、もちろん単一のウィンドウで
添付ファイルの写真なんかも、見ているメール画面はつぶして別に開く
それを、このレイヤーに載せた文面や画像は、別窓表示にするのだ
イメージとしては、TVで裏番組を隅っこのちいさな枠で表示する感じ
地図を表示しながら道順を説明したりするのに便利かも
前述のスクリプトと組み合わせれば、メールを読みながら変化する
スライドショー的な使い方もできるしね

てな感じで、現在の単一シート形式のメールから脱却して
多層的で広がりのあるメール表現ができると楽しいと思うんだよね
メールマガジンでサウンドノベルのような動的文章を配信したりもできて
商業的にも応用性が高いと思うなぁ

まずは、W-ZERO3などのスマートフォンから実現して行って欲しいところ

…あ、ちなみに、この方式では
各レイヤーはレイヤー番号のタグで挟まれたテキストとして扱う事で
非対応の機種でも単なる連続したテキストメールとして読めるようにできるから
互換性って点でも、いいんじゃないかと

例えばこんなの



本文


0.5段ずれで色の違うレイヤー


スクリプトレイヤーの内容


みたいな感じで

…何か歯切れが悪いけど、おしまい(笑)

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-11-06 18:28 | 機械話


<< WILLCOM話:累進ポイント制度 WILLCOM話:ウィルコム定... >>